「休む勇気も必要です」/ 近江 多賀章仁監督

県勢の最高記録となる、夏の甲子園準優勝を筆頭に、数々の実績を全国の舞台で残している近江高校

そんなチームを指揮しているのは、選手たちを第一に考えるスタイルで指導を行う、多賀章仁監督である。

多賀監督は選手時代に、指導者や学校などの大人の都合により、思う存分高校野球に励めなかった経験を持つ。

そのため、就任当初から教え子たちには同じ想いさせないために、自らの事情が選手たちの邪魔にならないように注意を払い指導をしている。

その姿勢は甲子園で結果を残し、世間から名将として脚光を浴び、自身の結果が問われるようになった現在でも変わることなく貫いている。

もちろん、選手たちを大切にすることと、甘やかすことは異なるため、厳しい練習やトレーニングを課すことはしている。

中でも、冬場に行う下半身を強化するメニューは、全国トップレベルにしんどい練習として有名である。

だが、こうした時期にも追い込むだけでなく、休息を設けて身体を気遣うなど、選手ファーストを忘れない。

甲子園などの結果にとらわれるのではなく、目の前の選手たちの成長に焦点を当て指導を続ける多賀監督の手腕に導かれ、近江高校は更なる進化を目指す。

↓多賀章仁監督の記事はこちら↓

近江高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です