「下手だと気づくことで頑張ることもある」/ 習志野 小林徹監督

2度の全国制覇に加え、多数のプロ野球選手を輩出している実績を残している千葉県の名門、習志野高校。

そんなチームを指揮しているのは、感性を重視した指導を行う、OBの小林徹監督である。

小林監督は、市立船橋での指導時代も含め、県や全国で数々の実績を残していることから、その育成力に注目が集まっている。

しかし、日々の練習はもちろん、試合でも選手たちに手取り足取り教えることはしない。

選手自らが感じたことを、練習やプレーに活かすことが、最も効果が高いという持論があるからだ。

もちろん、感性に大きなズレがあっては、努力や工夫を凝らしても結果は出ないが、そうした失敗からも学べることがあるとして、選手たちに任せる部分は多い。

その一方で、選手たちが感性で得たことをもとにプレーする際に、邪魔をしたり足を引っ張らないよう、自らも感性を研ぎ澄ませている。

練習で部員の個性や性格を観察することもあれば、他校の試合の視察に行くなど、選手たちの良さを引き出すための努力をしている。

自主性に委ねながらもサポートを行い、最大限に力を引き出す小林監督に導かれ、習志野はこれからも躍進を続ける。

↓小林徹監督の記事はこちら↓

習志野高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です