「野球には勝ち負けを超えた素晴らしさ奥深さがある」/ PL学園 中村順司監督

スポーツは基本的に勝敗を決めるものであるが、そうした結果だけではなく、勝利を目指し努力に励んだ日々や鍛錬で成長したことなども財産となる。

また、スポーツ以外の世界でも役に立つ、挨拶や礼儀作法を学べたり、努力の仕方や必要性などを知ることができたりと、得られる価値は計り知れない。

そのため、スポーツに取り組む際には、勝利や活躍を目指すと同時に、人間として成長をすることや自分磨きをするなどの別の目標も持ち取り組むことが必要である。

そんな考えから、PL学園を指揮していた中村順司監督は、技術の向上やチームが勝つこと以上に、人として育てることに力を入れ指導を行っていた。

中村監督は、野球には試合での勝敗や個人の活躍といった結果以外の、仲間と協力することの大切さを学んだり、心を鍛えられる環境を経験することを重視していた。

そのため、付き人制などの独特のチームマネジメントを行ったり、「球道即人道」といったスローガンを掲げ、感謝や信頼などをプレーで表現するよう促し人間力を鍛えさせていた。

そして、様々な良さがある野球を高校野球で辞めるのではなく、プロやアマチュア、趣味に関係なく野球を続けるように、野球の素晴らしさを伝えていた。

野球の魅力を理解させ、人として成長させることを何よりも優先していた中村監督の指導は、名門の伝説と共に、これからも高校野球界に受け継がれていく。

↓中村順司監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です