「思い通りにいかないからこそ、努力しなければいけない」/ PL学園 中村順司監督

春夏合わせて6度の甲子園優勝へ導くなど、PL学園の黄金期を作り上げだ中村順司監督

高校野球は人生の縮図」という独自の考えから、人間教育にも力を入れるスタイルで、指導を続けていた。

中村監督の就任当初は、PL学園の知名度が全国に広まっていたこともあり、毎年高い実力を持つ選手たちが入部してくる状況にあった。

従って、世間からはエリート野球として認識され、勝って当たり前という見方もされていた。

だが、勝つことを目的にするのではなく、勝利を目指す中で何を学ぶかを重視していた。

そのため、生活面についての指導を野球以上に時間をかけていた。

チームプレーで協力することを学ばせたり、スポーツマンシップで相手を尊敬することの必要性を教えるなど、人として成長させることをモットーとしていた。

中でも、結果が出なくても努力を続けることは、野球以外の場面でも役に立つ力として、時に励まし時に支え、その大切さを伝えていた。

野球だけできる人間ではなく、野球もできる素晴らしい人間を育て続けたからこそ、中村監督は、結果を残すことができたのだろう。

↓中村順司監督の記事はこちら↓

PL学園の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「思い通りにいかないからこそ、努力しなければいけない」/ PL学園 中村順司監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です