「今ある環境で何ができるかを考える」/ 至学館 麻王義之監督

持って生まれた才能や立っているポジションなどは人それぞれ異なるため、どんな物事もスタートをする際は平等ではないと言える。

また、スタートをした後も、訪れる困難の数や運の有無なども人によって違うため、同じ競技や土俵であっても、別々の戦いを強いられることになる。

つまり、戦いを勝ち抜くためには、自分自身だけでなく、周囲の環境や状況も考慮した上で、適した手段や量の努力を見極め、実行することが求められる。

そうした考えから、至学館を指揮している麻王義之監督は、選手たちが正しい努力をできるようにサポートやアドバイスを送りながら指導を行っている。

至学館は、甲子園出場歴のある強豪校ながらも、野球部の専用グラウンドがなく、日々の練習では限られたメニューしかこなせないため、選手たちには多少の不満が生まれることもある。

しかし、麻王監督は、与えられた環境でベストを尽くすことが正しい努力であると選手たちに伝え、できることを探すように助言や補助を行っている。

このように毎日の練習でポジティブやプラスの思考が培われているからこそ、試合のどんな場面でも冷静に対処することができ、勝利にたどり着けるのだろう。

↓麻王義之監督の記事はこちら↓

至学館高校の記事はこちら。

【関連】享栄高校の記事はこちら。

【関連】大府高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です