「一つのことを辛抱強く頑張れば夢はかなう」/ 下関国際 坂原秀尚監督

県内ですら無名であった下関国際を、全国レベルの強豪校へと育て上げた坂原秀尚監督

時間をかけて辛抱強く選手たちと向き合い、何事も徹底させる指導スタイルが、チームに成長をもたらした。

坂原監督が就任した際の下関国際は、やんちゃな生徒も多く、野球以前の指導に時間を割くことが多かった。

挨拶や返事、学校のルールを守ることなど、選手である前に高校生としての当たり前を徹底させた。

当初は、厳しすぎる指導に選手が辞めり、考え方の違いで対立することも少なくなかった。

それでも、選手たちの意見には耳を傾けながらも、甘えや妥協を許さず徹底することにこだわった。

そして、グラウンド上でも、基礎や基本などのプレーから完璧を求め、横着することなくステップアップを目指した。

やがて小さな成功体験は、監督や選手たちの自信となり、大舞台でも結果を残せるようになり、遂には甲子園出場も果たした。

徹底する姿勢を貫き、坂原監督下関国際は、今度は甲子園での上位進出と全国制覇を狙う。

↓坂原秀尚監督の記事はこちら↓

下関国際の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です