「上手くいかない時こそ難しく考えるのではなくて、実に面白いと思え」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

高校野球だけでなく、人生には苦しいことや辛いこと、思い通りにならないことなど、信じたくないような出来事が度々発生する。

“「上手くいかない時こそ難しく考えるのではなくて、実に面白いと思え」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「嫌われると、どんな言葉も相手に届かなくなります」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

勝利」というものを目標にせずとも、数々の好成績を残してきたのが、福島県の学法石川の指揮を執る、前仙台育英監督の佐々木順一朗氏である。

仙台育英時代には、監督就任から6年で東北勢として初のセンバツ準優勝を成し遂げるのなどの、黄金期を作るも、不祥事が発覚し、チームも5年間甲子園から遠ざかることとなった。

“「嫌われると、どんな言葉も相手に届かなくなります」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「良いことがあると変えるのが怖くなるが、変化をしないと成長もない」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

春夏合わせて、10回を超える甲子園出場を記録している、福島県の学法石川

そんなチームを平成30年秋から指揮しているのは、仙台育英の監督を約20年勤め、センバツ選手権で1回ずつ準優勝に導いた経験を持つ佐々木順一朗監督である。

“「良いことがあると変えるのが怖くなるが、変化をしないと成長もない」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む

「地に足を付けてやること、浮かれないことが一番大事」/ 仙台育英 佐々木順一朗監督

平成に入って、何度も悲願の甲子園制覇に近づいた東北勢。

そんな東北勢の中でも優勝に最も近いと言っても過言ではないのが仙台育英である。

仙台育英は甲子園で平成の30年間で41の勝ち星を挙げ、元年と27年の夏、13年のセンバツでは準優勝という成績を残している。

決勝では敗れているものの、1点差や延長戦という互角の戦いを繰り広げている。

そんな名門仙台育英を約20年指導し、数々の名選手やプロ野球選手を輩出してきたのが、現在(2019年1月)、学法石川で指揮をとっている佐々木順一朗監督だ。

続きを読む