「野球は失敗するスポーツ」/ 健大高崎 青柳博文監督

野球で必ず起こりうる、「失敗」をどのようにカバーするか或いは、少なくするかを意識し、指導をしているのは、健大高崎を率いる青柳博文監督である。

“「野球は失敗するスポーツ」/ 健大高崎 青柳博文監督” の続きを読む

「冷静に自分たちの野球をすれば勝てる」/ 健大高崎 柘植世那選手

2015年のセンバツで、2季連続となる8強入を果たした、群馬県の健大高崎高校。

当時チームの主将を務めていたのは、高校通算32本塁打を放った強打の捕手としても注目されていた、柘植世那選手である。

“「冷静に自分たちの野球をすれば勝てる」/ 健大高崎 柘植世那選手” の続きを読む

「高校野球は教育があって、次に勝負や結果だと思っています」/ 健大高崎 青柳博文監督

2010年代の高校野球に、「機動破壊」という新たな戦略で旋風を起こし、健大高崎の名を全国に広めたのが、青柳博文監督である。

青柳監督の野球は、1つ先の塁を狙うためだけでなく、相手のバッテリーや守備にまでプレッシャーをかける走塁を武器としているが、就任当初に目指していたチーム像は全く異なるものであった。

“「高校野球は教育があって、次に勝負や結果だと思っています」/ 健大高崎 青柳博文監督” の続きを読む

「高校野球でも常識や概念、セオリーが邪魔する時があるんです」/ 健大高崎 青柳博文監督

2001年に創部し、11年夏に甲子園デビュー後は「機動破壊」を代名詞に、その名を全国に広めた群馬県の健大高崎

チームを2002年から指揮するのは、前橋商で「4番一塁手」としてセンバツ甲子園に出場した経験を持つ、青柳博文監督である。

“「高校野球でも常識や概念、セオリーが邪魔する時があるんです」/ 健大高崎 青柳博文監督” の続きを読む

「失敗を恐れるようになると、いい結果は生まれなくなります」/ 健大高崎 青柳博文監督

徹底マークされていても、土壇場でも、迷うことなく怯むことなく次の塁を狙い、相手を翻弄する。

そんな「機動破壊」を代名詞にその名を全国に広めた群馬県の健大高崎高校だ。

甲子園では2011年夏に初出場を果たし、2012年のセンバツでは4強を記録し、その後も好成績を残し、初戦敗退は1度もない

2001年創部と歴史は浅いが、近年甲子園を魅了する強豪校である。

そんなチームを指揮するのは、青柳博文監督である。

続きを読む

「失敗に対しては決して叱らない」/ 健大高崎 青柳博文監督

「機動破壊」でその名を全国に広めた群馬の名門、健大高崎

2001年創部と歴史は浅いが、近年甲子園を魅了する強豪校である。

チームを指揮するのは、青柳博文監督である。

続きを読む