「高校野球はいかに無駄をなくせるかが大事」/ 健大高崎 青柳博文監督

機動破壊」という代名詞とともに、健大高崎の名を全国に広めた青柳博文監督

野球の概念やセオリーを1から見直し、新たな野球を確立し、チームを強豪校へと育て上げた。

そんな青柳監督が改革に取り組んでいるのは、野球の技術や戦術だけではなかった。

中でも、チームのマネジメントについては、細かく分析し非効率な点がないかを調査したことで、高い効果が得られるようになった。

高校野球では主に、監督が練習メニューやチームの方向性を確立することが多い。

しかし、青柳監督はコーチに全員に指導の専門分野を持たせ、練習の内容から方向性までもを、各指導者に一任するなどの分業制を導入した。

それに伴い、指導者によって意見が異なることで選手たちが戸惑うなどの、非生産的な時間の削減に成功した。

また、自らも采配や選手起用に集中できるようになり、間違った判断を下したり準備不足で試合に臨むといった状態を回避できるようになった。

限られた時間で最高のパフォーマンスを出すために、あらゆる分野の無駄をなくしていく青柳監督に導かれ、健大高崎は更なる飛躍を目指す。 

↓青柳博文監督の記事はこちら↓

健大高崎の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です