「高校生は考え方の成長なくして野球の成長はない」/ 北海 平川敦監督

野球をするのが人間である以上、基となる人間性を鍛えなければ、技術やノウハウをいくら教えたところで、成長や成果には限度がある。

“「高校生は考え方の成長なくして野球の成長はない」/ 北海 平川敦監督” の続きを読む

「自分が調子が悪い、苦しい、ダメな時にどれだけ力を発揮できるか」/ 北海 平川敦監督

教育と勝利という両方の目的を指導の根本とし、伝統のある名門の新しい歴史を作り続けている、北海高校平川敦監督

1998年に母校の指揮を託され、翌年には甲子園出場を果たすも、以降は黄金時代を築きつつあった駒大苫小牧の壁に阻まれ、甲子園だけでなく、道内を勝ち抜くことすら厳しい状態に直面した。

“「自分が調子が悪い、苦しい、ダメな時にどれだけ力を発揮できるか」/ 北海 平川敦監督” の続きを読む

「人のためだと思えば、自分の壁を超えられる」/ 北海 鍵谷陽平選手

2008年の夏、低迷期を乗り越え、9年間遠ざかっていた甲子園に帰ってきた、北の名門、北海高校

当時、チーム復活の立役者となったのは、  最速146キロのストレートを武器に、南北海道大会をほぼ一人で投げ抜いたエースの鍵谷陽平選手である。

“「人のためだと思えば、自分の壁を超えられる」/ 北海 鍵谷陽平選手” の続きを読む

「甲子園で勝つには、とにかく出続けるしかない」/ 北海 平川敦監督

全国最多となる、夏の甲子園出場回数を記録し、春夏1度ずつ甲子園で準優勝したこともある北の名門、北海高校

そんなチームを、1998年から指揮しているのは、2016年に北海史上初の夏の甲子園準優勝に導くなどの実績を残している、平川敦監督である。

“「甲子園で勝つには、とにかく出続けるしかない」/ 北海 平川敦監督” の続きを読む

「負けて『どうあるべきか』という課題を見つけることに意味がある」/ 北海 大西健斗選手

2016年の夏の甲子園で、自校の歴史を塗り替える、選手権準優勝を成し遂げた、北の名門、北海高校

当時チームのエースとして、主将として、史上初の夏の決勝に大きく貢献したのが、大西健斗選手である。

“「負けて『どうあるべきか』という課題を見つけることに意味がある」/ 北海 大西健斗選手” の続きを読む

「大事なときだけ力を発揮しようとしても無理です」/ 北海 平川敦監督

高校野球の歴史を語る上で欠かせない北国の伝統校、北海高校の存在である。

伝統の「守備力」を軸にそつのない野球で、夏の甲子園は全国最多出場を記録し、1963年のセンバツ、2016年の選手権では準優勝の成績を残している名門校である。 

チームを指揮するのは、OBでもある平川敦監督である。

続きを読む

「だから何がしたいのか」/ 北海 平川敦監督

高校野球の北海道の歴史と言えば北海高校の歴史そのものであると言っても過言ではないだろう。

夏の選手権は100回中38回出場し、文句なしの全国トップの数字を残す。

2016年夏には88年ぶりに、全国のベスト4に進出し勢いそのままに準優勝を成し遂げ、近年も躍進を続けている。

そんな伝統校を、26歳の若さで率いるようになったのが、平川敦監督である。

続きを読む