「求められるものが大きい分、成長していける」/ 智弁学園 小坂将商監督

周囲の人々からの期待というものは、努力をする際のモチベーションや原動力になることもある反面、プレッシャーや不安材料となるケースも少なくない。

“「求められるものが大きい分、成長していける」/ 智弁学園 小坂将商監督” の続きを読む

「気持ちが負けなかったら、試合には負けない」/ 智弁学園 小坂将商監督

実力や能力も大切ではあるが、高校野球では、「気持ち」が何よりも勝敗を左右する要素であるという考えを持ち、智弁学園を指揮する小坂将商監督

“「気持ちが負けなかったら、試合には負けない」/ 智弁学園 小坂将商監督” の続きを読む

「自信がつくくらい練習すればいい」/ 智弁学園 坂下翔馬選手

2019年の夏の甲子園で、初戦敗退ながらも一時は6点差を逆転する粘り強さを見せた、奈良県の智弁学園高校。

当時、主将を務めていたのは、攻守にわたり、気持ちを前面に出したプレーを見せ、背中とガッツでチームを引っ張っていた坂下翔馬選手である。

“「自信がつくくらい練習すればいい」/ 智弁学園 坂下翔馬選手” の続きを読む

「野球なんて1から10まで人に教えてもらって結果が出せるほど、甘いスポーツじゃない」/ 智弁学園 小坂将商監督

無冠の帝王」と称され続けていた母校の智弁学園を、2016年のセンバツ大会で優勝へと導き、チームの歴史を変えた、小坂将商監督

選手時代には夏の甲子園4強を経験し、大学、社会人でも名門に所属し、第一線でプレーしていた経歴を持つ小坂監督の実績を考慮すれば、就任10年目だの全国制覇は当然の結果だと思われることが多い。

“「野球なんて1から10まで人に教えてもらって結果が出せるほど、甘いスポーツじゃない」/ 智弁学園 小坂将商監督” の続きを読む

「フォアボールが増えた分は、相手が自分を認めてくれた証」/ 智弁学園 岡本和真選手

2014年の甲子園に春夏連続で出場を果たした、センバツではベスト16に進出した、奈良県の智弁学園高校。

そんなチームで4番打者として高校通算73本塁打を記録し、甲子園でも本塁打を放つ活躍でチームを支えていたのが、岡本和真選手である。

“「フォアボールが増えた分は、相手が自分を認めてくれた証」/ 智弁学園 岡本和真選手” の続きを読む

「自分で考え、苦しんで初めて本物の技術が身につく」/ 智弁学園 小坂将商監督

2016年のセンバツ大会で、劇的なサヨナラで、初の全国制覇を成し遂げた、奈良県の智弁学園高校。

チームを指揮しているのは、選手時代に主将として、智弁学園の夏の最高記録となる4強に導いた実績や、社会人野球でプレーした経験を持つ、小坂将商監督である。

“「自分で考え、苦しんで初めて本物の技術が身につく」/ 智弁学園 小坂将商監督” の続きを読む

「練習試合は負けてもいい」/ 智弁学園 小坂将商監督

半世紀近く「奈良県の2強」として、天理高校と県を引っ張っている、名門智弁学園高校。

甲子園の常連校であり、甲子園最多勝利の記録を持つ、高嶋仁監督智弁和歌山前監督)が最初に指揮を執っていた学校としても有名である。

続きを読む

「日本一を口に出していけと言って、意識させることができた」 / 智弁学園 小坂将商監督

奈良県や近畿地方で毎年優勝候補として注目を集める、智弁学園高校。

甲子園常連校であり、2016年のセンバツでは、初の決勝に進出し、勢いそのままにサヨナラで勝ちで初優勝を成し遂げた。

そんなチームを指揮するのは、智弁学園のOBでもあり、選手としての甲子園出場第一線でのプレー経験もある小坂将商監督である。

続きを読む