「すべての試合展開が『想定内』であるように、心掛けています」/ 東海大相模 門馬敬治監督

試合で起こりうる全てのことが、「想定内」であるからこそ、東海大相模は、どんな状況であっても、自分たちの野球を貫けるのだろう。

“「すべての試合展開が『想定内』であるように、心掛けています」/ 東海大相模 門馬敬治監督” の続きを読む

「沖縄の夢、島人の悲願を、興南高校、春夏連覇の偉業で叶えました!!」

2010年

第92回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

興南 (沖縄県代表) × 東海大相模 (神奈川県代表)
“「沖縄の夢、島人の悲願を、興南高校、春夏連覇の偉業で叶えました!!」” の続きを読む

「大事なのは、背伸びをしないことです」/ 東海大相模 森野将彦選手

1995年のセンバツ大会で、16強まで勝ち進んだ、神奈川県の東海大相模高校。

当時、2年生ながらチームの5番打者を務めていたのは、初戦で3安打3打点の活躍を見せ、勝利に大きく貢献した、森野将彦選手である。

“「大事なのは、背伸びをしないことです」/ 東海大相模 森野将彦選手” の続きを読む

「高校野球は教育の場でもある」/ 東海大相模 原辰徳選手

2季連続出場となった、1975年のセンバツ大会で準優勝を成し遂げた、神奈川県の東海大相模高校。

当時、2年生ながらチームの快進撃に貢献したのが、監督の原貢氏の息子として注目されていた、原辰徳選手である。

“「高校野球は教育の場でもある」/ 東海大相模 原辰徳選手” の続きを読む

「勝ったからこそ反省できることがたくさんある」/ 東海大相模 門馬敬治監督

高校野球界を代表する名監督、原貢氏を筆頭に数々の名指導者が育て上げだ東海大相模を、29歳の若さで引き継いだのが、OBの門馬敬治監督である。

選手時代には、主将を務めながら甲子園出場を果たせず、大学時代にも怪我に苦しめられ、思うような結果は残せなかった門馬監督

“「勝ったからこそ反省できることがたくさんある」/ 東海大相模 門馬敬治監督” の続きを読む

「野球は一人でやるスポーツじゃない」/ 東海大相模 小笠原慎之介選手

2015年の夏の甲子園で、45年ぶり2度目となる全国制覇を成し遂げた、神奈川県の東海大相模高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、決勝戦を完投し、打者としても勝ち越しとなる本塁打を放つ活躍で、優勝の立役者となった、小笠原慎之介選手である。

“「野球は一人でやるスポーツじゃない」/ 東海大相模 小笠原慎之介選手” の続きを読む

「自分は一人じゃない、守られている感じがした」/ 東海大相模 一二三慎太選手

2010年の夏の甲子園に、33年ぶりの出場を果たし準優勝を成し遂げた、神奈川県の東海大相模高校。

当時チームのエースと主将を務めていたのは、一二三慎太選手である。

“「自分は一人じゃない、守られている感じがした」/ 東海大相模 一二三慎太選手” の続きを読む

「『教える』という命令型の指導ではなく、会話をしながら『引き出す』」/ 東海大相模 門馬敬治監督

激戦区の神奈川県で毎年上位進出をし、春夏二度ずつ甲子園制覇を成し遂げている名門、東海大相模高校。

そんなチームを1999年から指揮をとり、20年間で3度の甲子園制覇へ導いた実績を残しているのが、 OBの門馬敬治監督である。

“「『教える』という命令型の指導ではなく、会話をしながら『引き出す』」/ 東海大相模 門馬敬治監督” の続きを読む

「どこに向かって一生懸命やるかが大事」/ 東海大相模 門馬敬治監督

高校野球の「激戦区」として、毎年全国レベルの予選が繰り広げられる神奈川県。

県勢の甲子園での勝ち星は、夏は100回で126、春は90回で76、甲子園優勝経験校は5校と全国レベルのチームが群雄割拠する。

そんな神奈川で、春夏二度ずつ甲子園制覇をし、全国にその名を広めているのが、名門、東海大相模である。

そんな名門を指揮する門馬敬治監督は、1999年に監督就任後、翌年のセンバツを制すると、2010年選手権準優勝、11年春と15年夏は優勝するなど脅威の成績を残している。

続きを読む