「とにかく野球は気持ちの勝負」/ 福井商 北野尚文監督

高校野球では、高い技術や強靭な肉体を擁していても、最後まで諦めず闘う意志を前面に出した強い気持ちには、勝つことができない。

“「とにかく野球は気持ちの勝負」/ 福井商 北野尚文監督” の続きを読む

「負けるのは悔しかったけれども、これも勲章かもしれない」/ 福井商 北野尚文監督

ユニフォームの左袖に縫いつけられた「」のマークような情熱を、福井商業を指揮していた北野尚文監督は、高校野球の監督という職業に捧げたのであった。

22歳という右も左も分からない若さで、野球部存続の危機にあった福井商業復活を託された北野監督は、とにかく結果を急いでいた。

“「負けるのは悔しかったけれども、これも勲章かもしれない」/ 福井商 北野尚文監督” の続きを読む

「指導者は選手を育てるより、つぶす方が多い」/ 福井商 北野尚文監督

甲子園に県勢最多となる、春夏合わせて30を超える出場を記録している、北陸を代表する名門、福井商業高校。

そんなチームを1968年から2010年まで指揮していたのは、1978年のセンバツでは準優勝へ導いた実績を持つ北野尚文監督である。

“「指導者は選手を育てるより、つぶす方が多い」/ 福井商 北野尚文監督” の続きを読む

「高校野球の監督はガマンとロマン」/ 福井商 北野尚文監督

北陸を代表する名門、福井商業を1968年から指揮していたのが北野尚文監督である。

北野監督は、通算36度の甲子園へチームを導き、1978年には、センバツで準優勝を成し遂げた。

また、1986年夏から8季連続出場や86年から続く夏の福井県大会20年連続決勝進出など数々の見間も破られぬ記録を残している。

続きを読む

「人間的な成長がないままで甲子園に行ってもダメなんです」/ 福井商 北野尚文監督

北陸勢として初めて甲子園大会の決勝に進んだ北陸地方を代表する強豪、福井商業高校。

部の歴史も長く、数々のプロ野球選手も輩出している名門である。

そんなチームを指揮してきたのが北野尚文監督だ。

続きを読む