「消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないこと」/ 習志野 角田勇斗選手

2019年のセンバツで、チームとしては初の、県勢としては最高成績に並ぶ準優勝を成し遂げ、続く夏と秋の県大会も制した、千葉県の習志野高校。

当時、2年生ながら攻守の中心選手として活躍し、秋の新チームからは主将を担い、チームをプレーでも背中でも引っ張っていたのは、角田勇斗選手である。

“「消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないこと」/ 習志野 角田勇斗選手” の続きを読む

「課題の克服には、選手たちの自覚が重要です」/ 習志野 小林徹監督

何かしらの目標を達成する上では、目指すべき理想と現実の自分の間に存在する足りない部分を補うための努力や、 身につけていくことが求められる。

“「課題の克服には、選手たちの自覚が重要です」/ 習志野 小林徹監督” の続きを読む

「高校野球って、力だけでは勝てない」/ 習志野 小川淳司選手

1975年の甲子園に春夏連続出場し、夏の選手権では、学校史上2度目となる全国制覇を成し遂げた、千葉県の習志野高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園で3試合連続完封などを記録し優勝に貢献した、小川淳司選手である。

“「高校野球って、力だけでは勝てない」/ 習志野 小川淳司選手” の続きを読む

「ベストの状態でゲームに臨むにはどうするかを考えよう」/ 習志野 小林徹監督

高校野球で、勝利を挙げたり結果を残すためには、技術や体力面だけでなく、精神面なども含めた壮大な準備を、日々の練習や生活からしておく必要がある。

“「ベストの状態でゲームに臨むにはどうするかを考えよう」/ 習志野 小林徹監督” の続きを読む

「痛みを通じて知ることは多い」/ 習志野 掛布雅之選手

1972年の夏の甲子園に、東関東大会を制して、出場を果たした、千葉県の習志野高校。

当時、2年生ながら4番打者を務めていたのは、甲子園でも安打を記録した、掛布雅之選手である。

“「痛みを通じて知ることは多い」/ 習志野 掛布雅之選手” の続きを読む

「野球はDoではなくPlay」/ 習志野 小林徹監督

毎試合ごとに采配が変われば、選手起用も変わるなど、変幻自在に指揮を執るスタイルで、母校の習志野を率いている小林徹監督

継投やサインプレーなど、記録に残らないケースは多いが、勝負の明暗を分ける大事な場面で、作戦を的中させ、一気に試合の流れを変える采配は、名将と称される監督ですら、リスペクトするほどだ。

“「野球はDoではなくPlay」/ 習志野 小林徹監督” の続きを読む

「上手くなるには、自分で数をこなしていくこと」/ 習志野 宮内和也選手

2011年の夏の甲子園に、春の関東大会王者として出場し、周囲からマークされながらも、8強に進出した千葉県の習志野高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、俊足好打の1番打者として攻守に渡る活躍で、プレーでもチームを引っ張っていた宮内和也選手である。

“「上手くなるには、自分で数をこなしていくこと」/ 習志野 宮内和也選手” の続きを読む

「自分たちでできることを全員がしっかりやれば、結果はついてくる」/ 習志野 竹縄俊希選手

2019年のセンバツ大会で、チーム最高成績となる、準優勝を成し遂げた千葉県の習志野高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、攻守にわたる活躍を見せ、プレーでもチームを引っ張っていた、竹縄俊希選手である。

“「自分たちでできることを全員がしっかりやれば、結果はついてくる」/ 習志野 竹縄俊希選手” の続きを読む

「プレーする中で自分自身で感じ、修正、調整することがスポーツの面白さ」/ 習志野 小林徹監督

昭和の時代に2度の夏の甲子園優勝を果たし、平成最後のセンバツでは準優勝を記録するなど、千葉県の高校野球を引っ張る存在である、習志野高校。

そんな名門を指揮しているのは、選手時代に甲子園のマウンドを経験し、千葉県内の高校での指導経験もある、OBの小林徹監督である。

“「プレーする中で自分自身で感じ、修正、調整することがスポーツの面白さ」/ 習志野 小林徹監督” の続きを読む