「厳しい展開でも、それがずっと続くわけではない」/ 近江 多賀章仁監督

野球の試合には、目には見えな「流れ」というものがあり、それらを感じ取り、乗ることができたチームが勝利を掴める。

“「厳しい展開でも、それがずっと続くわけではない」/ 近江 多賀章仁監督” の続きを読む

「金足農業は実に大胆な攻めで、34年ぶりのベスト4を、まさに飛び込んでもぎ取りました!!」

2018年

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

準々決勝

金足農業 (秋田県代表) × 近江 (滋賀県代表)
“「金足農業は実に大胆な攻めで、34年ぶりのベスト4を、まさに飛び込んでもぎ取りました!!」” の続きを読む

「負けた側のことを思える選手になりなさい」/ 近江 多賀章仁監督

滋賀県勢の悲願である、全国制覇に最も近いと称される近江高校を、30年以上に渡って指導し続けている多賀章仁監督

そんな多賀監督は、「野球に集中できる環境をととのえる」という独自の指導目標を掲げながらも、甲子園の県勢最高成績となる準優勝を筆頭に、幾度も好成績を残し続けているのだ。

“「負けた側のことを思える選手になりなさい」/ 近江 多賀章仁監督” の続きを読む

「苦しい時こそ笑顔を忘れない」/ 近江 中尾雄斗選手

2018年の甲子園に春夏連続で出場し、センバツでは16強、夏はベスト8まで勝ち進んだ滋賀県の近江高校

当時、チームの主将を務めていたのは、100回記念となった夏の甲子園で選手宣誓という大役を担い、全国からも注目を集めた、中尾雄斗選手である。

“「苦しい時こそ笑顔を忘れない」/ 近江 中尾雄斗選手” の続きを読む

「チームが勝たないと意味がない」/ 近江 植田海選手

2014年の夏の甲子園で、チームとして7年ぶり夏の勝利を挙げ、ベスト16まで勝ち進んだ滋賀県の近江高校

当時、走攻守三拍子揃った選手として注目を集めていたのが、主に3番遊撃手として活躍を見せていた、植田海選手である。

“「チームが勝たないと意味がない」/ 近江 植田海選手” の続きを読む

「甲子園より大事なものを見つけるように言ってます」/ 近江 多賀章仁監督

2001年夏の甲子園で、県勢最高記録となる、準優勝を成し遂げた、滋賀県の近江高校

そんな名門を1989年から指揮しているのは、学校の副校長も務めている、龍谷大平安OBの、多賀章仁監督である。

“「甲子園より大事なものを見つけるように言ってます」/ 近江 多賀章仁監督” の続きを読む

「大事なのは、他人と比べるのではなくどれだけ自分と勝負できるか」/ 近江 多賀章仁監督

近畿勢で唯一甲子園制覇の経験がない滋賀県勢。

そんな滋賀県で、全国制覇に最も近づいたのが近江高校である。

近畿を代表する強豪であり、甲子園常連としての知名度も高く、2001年の夏の甲子園では、「三本の矢」と称された3人投手を擁して、準優勝を成し遂げた実績も残している。

続きを読む

「『大人の都合で子供たちが振り回されることだけはないようにしよう』と心掛けています。」/ 近江 多賀章仁監督

高校野球の激戦区であり、全国トップレベルのチームが多数存在する近畿地方。

その近畿で唯一優勝経験のないのが滋賀県である。

しかし、決してレベルが低い訳では無い。

2018年のセンバツでは、県勢が3校甲子園に出場。県のレベルの高さを全国に知らしめた。

そんな滋賀県勢の最高成績を残してるのが、近江高校である。

2001年の夏の選手権では、「三本の矢」と称される3投手を擁して、甲子園準優勝を成し遂げた。

また、2018年夏も強豪を倒し8強まで勝ち進むなど、四半世紀近く全国から注目を集める存在である。

そんなチームを指揮するのが名将、多賀章仁監督である。

続きを読む