「勝てるチームに必要なのはあらゆることを見極める力」/ 鹿児島実 久保克之監督

野球で勝利を目指すためには、高い技術を身につけることや精神力を鍛えること、チームメイトと協力することなど共に、目の前の状況を見極める力が個人には求められる。

“「勝てるチームに必要なのはあらゆることを見極める力」/ 鹿児島実 久保克之監督” の続きを読む

「我慢した分だけ強くなれる」/ 鹿児島実 宮下正一監督

誰しも苦しいことやしんどいことがあると、逃げたい気持ちや辞めたい気持ちが勝ってしまい、挑戦する場合にも手を抜いたりと、どうしても積極的にはなれない。

“「我慢した分だけ強くなれる」/ 鹿児島実 宮下正一監督” の続きを読む

「勝とうと思ったら厳しさが必要なんです」/ 鹿児島実 久保克之監督

例えどんなに好きなものや得意なことであっても、結果を出そうとすれば、努力や鍛錬が必要であり、それらをする上では、しんどさや辛さが伴うものである。

“「勝とうと思ったら厳しさが必要なんです」/ 鹿児島実 久保克之監督” の続きを読む

「強い意志をもって投げることが大事」/ 鹿児島実 杉内俊哉選手

1998年の夏の甲子園に、県大会3連覇を成し遂げ出場した、鹿児島実業高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園の初戦でノーヒットノーランを達成するなどの活躍を見せていた、杉内俊哉選手である。

“「強い意志をもって投げることが大事」/ 鹿児島実 杉内俊哉選手” の続きを読む

「高校野球では一生分の経験をしたと思っています」/ 鹿児島実 定岡正二選手

1974年の夏の甲子園の準々決勝で、延長15回にも及ぶ死闘を制し、県勢初の4強進出を果たした、鹿児島実業高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園で2試合連続完封を成し遂げるなどの活躍を見せていた、定岡正二選手である。

“「高校野球では一生分の経験をしたと思っています」/ 鹿児島実 定岡正二選手” の続きを読む

「真剣に勝利を求めにいって、初めて悔しさを感じ、足りないものに気付く」/ 鹿児島実 宮下正一監督

県勢唯一の全国制覇の記録を持つ、母校、鹿児島実業を熱血指導で率いている、宮下正一監督は、「鹿実野球が正しい」ことを証明するために、頂点を目指している。

昨今、高校野球界では、練習の効率を見直したり、坊主頭の強制を廃止するなど、新たな風習と伝統が作られようとしている。

“「真剣に勝利を求めにいって、初めて悔しさを感じ、足りないものに気付く」/ 鹿児島実 宮下正一監督” の続きを読む

「グラウンドだけでは勝てない」/ 鹿児島実 宮下正一監督

創部100年を超える伝統を誇り、県勢唯一の全国制覇を成し遂げた実績を残している、鹿児島実業高校。

チームを2005年から指揮しているのは、選手時代に主将として春夏甲子園にチームを導いた実績や社会人野球の経験を持つ、OBの宮下正一監督である。

“「グラウンドだけでは勝てない」/ 鹿児島実 宮下正一監督” の続きを読む

「野球はふてぶてしく大胆にいこうと思います」/ 鹿児島実業 宮下正一監督

甲子園で春夏合わせて30を超える勝ち星を残している九州の強豪、鹿児島実業高校。

創部100年を超える伝統と、平均すると4年に1回のペースで甲子園出場をしている安定感を持つ名門である。

多くのプロ野球選手輩出に、1996年のセンバツには県勢初の全国制覇を成し遂げるなど、数々の実績を残している。

そんな名門を指揮するのは社会人野球の経験もある、OBの宮下正一監督である。

続きを読む