「チームの仲が良いことと、良いチームワークを作ることは同義ではない」/ 早稲田実 和泉実監督

都の名門、早稲田実業を史上初の夏の甲子園へ導くなどの実績を残している、和泉実監督

長年の指導経験がありながらも、選手たちの自主性を尊重し、裏方に回る指導スタイルは、他校の指導者からもリスペクトされている。

もっとも、指導者生活をスタートさせた当初から、こうした方針ではなかった。

高校や大学の野球では第一線でプレーしていたこともあり、指導者になったばかりの頃は、自らの経験を伝えることに時間を使っていた。

しかし、選手たちの個性や特徴は、指導者の考えに教え方によって、発揮できない状況を目の当たりにし、現在の指導法へと変更した。

もちろん、選手たちの中には高校生ゆえに弱さが出て、努力を妥協したり甘えを許してしまう者も存在している。

それでも、試合時には指導者の声が届かない場面もあるとして、選手同士で注意し合うのを辛抱強く待っている。

そうすることによって、選手個々の自立が進んだり、 強い組織へと成長するといった効果が得られているのだ。

和泉監督の独自のマネジメントで鍛え上げられた早稲田実業から、今後も目が離せない。

↓和泉実監督の記事はこちら↓

早稲田実業の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です