「人を教えるなら、まずは自分から」/ 富島 浜田登監督

指導者という仕事は、自信の持っているスキルや知っている知識、経験から学んだことを、相手に伝えたり身につけさせたりすることが求められている。

しかし、教える相手と自身が必ずしも価値観や考え方が同じとは限らないため、自分のやり方を無理矢理押し付けたり、理論を強制してはならない。

また、教えることに専念しすぎるがあまりに、自身が勉強することを怠っていては、時代に取り残されたり上手く伝わらず、良い指導者にはなれない。

そんな考えから、富島高校を指揮している浜田登監督は、実績を残してもなお学ぶことに時間を割くことを惜しまず、アップデートを続けている。

浜田監督が就任した際の富島高校は、専用グラウンドもなければ、地元出身者のみの部員という限られた環境であったため、県内でも無名の存在であった。

それでも、自らの選手時代や他校の指導で培ってきた野球を、余すことなく選手たちに伝えたり、手本を見せるなどして、地道に鍛え上げていった。

もちろん、時代によって野球観も変化しているため、練習の内容も頻繁に見直しを行い、無駄なものを排除したり、足りないスキルを学んで身につけるなど、監督自らも努力を重ねている。

優れた手腕を持ちながらも、学ぶ姿勢を忘れず選手たちの鏡になるような行動も見せる、浜田監督に導かれる富島高校から、今後も目が離せない。

↓浜田登監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「人を教えるなら、まずは自分から」/ 富島 浜田登監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です