「勝つためには心の教育が大事」/ 東北 若生正廣監督

高校野球で全国制覇甲子園といった、勝利を求める場合、高い技術のある選手を育てることや、スキルのある選手を集めることに力を入れがちになる。

しかし、力だけで勝てるほど甘い世界ではいため、技術指導と同様或いはそれ以上に人間力を成長させたり、精神力を鍛えることを多くのチームは行っている。

特に、心を育てることは、選手たちが技術を学ぶ際に素直に受け入れることができたり、理解の速度が向上するなど、全ての成長に影響を与えるため、重視しなければならない。

そんな考えから心の教育を大切にし、人間的な成長をモットーとした指導で、 東北高校と九州国際大付属甲子園準優勝へ導いたのは、若生正廣監督である。

若生監督は、数々のスター選手を育て上げたり甲子園での2度の準優を含む多くの勝ち星を挙げているため、技術指導ばかりが注目を集めていた。

だが、練習では体力をつけることや基本を徹底することなどの地道な反復練習が中心であり、これらは技術の成長より心を鍛えさせるものが多かった。

目先の技術だけを成長させるような横着をせず、 丁寧に時間をかけて心から育てる、若生監督の教えと意志は、教え子たち全員に受け継がれている。

↓若生正廣監督の記事はこちら↓

↓ダルビッシュ有選手の記事はこちら↓

東北高校の記事はこちら。

【関連】仙台育英の記事はこちら。

【関連】九州国際大付属の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です