「甲子園に行ったら、人間的に自信がつく」/ 東北 若生正廣監督

高校野球に携わる球児たちや指導者たちは、憧れの地であり目標でもある聖地、甲子園球場に出場を決めた際には、この上ない喜びを味わうこととなる。

そこには、夢が叶ったことに対しての幸福度だけでなく、長年続けてきた努力や苦労を乗り越えて頑張ったことが報われたことに対する嬉しさも含まれている。

また、甲子園は実際に出場すると、全国レベルのチームとの対戦や独特の雰囲気を知ることで、野球の技術だけでなく、人としての精神的な成長などが得られる。

そんな考えから東北高校などを指揮していた若生正廣監督は、甲子園の持つ力が野球だけでなく、人間が教育にも活かせるとして指導を行っていた。

若生監督は長年の指導生活で、東北高校では夏に、九州国際大付属ではセンバツで、それぞれ準優勝へ導いていることに加え、何人もの選手をプロの世界へ送り出している。

そのため、野球の技術や戦術の指導ばかりが注目されているが、若生監督は高校野球はあくまでも教育の一環であるという信念を曲げず、人間教育に力を注いでいた。

もちろん、野球が好きで甲子園を目指している選手たちに応えるために勝利にもこだわっていたため、野球のレベルアップや甲子園での勝利を通して人間力を鍛えさせていた。

野球と教育を両立して、教え子たちを選手としても生徒としても育て上げた若生監督のスタイルは、高校野球界でこれからも受け継がれていく。

↓若生正廣監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です