「野球とは人生一生のドラマを2時間に凝縮したもの」/ 浦和学院 森士監督

センバツ大会の優勝を筆頭に、甲子園で数々の成績を残している埼玉県の名門、浦和学院

県大会や地方大会で、上位進出や優勝の常連であり、抜群の安定感を見せていることから、高校野球界を代表する強豪として認識されている。

そんな浦和学院に、27歳という若さで就任して以降、チームの歴史を次々と塗り替え続けてきたのが、 森士監督である。

森監督は、チームの悲願であった甲子園優勝を託されて就任するも、「高校野球は人間形成の場」という自身の信念を曲げることはしなかった。

結果の出ない時期には、教育に拘りすぎる指導スタンスに、周囲から厳しい声が浴びせられることもあった。

それでも、野球をするのが人である以上、人としての成長がなければ、野球での成果はないとして、礼儀作法や私生活のルールの徹底など、人間教育を中心とした指導を貫いた。

もちろん、選手たちだけを鍛えるではなく、自らの人間力を育むことにも力を入れ、決して妥協することはなかった。

その結果、試合では、日々の鍛錬で身につけた高い人間力を武器に躍進を続け、遂には、学校史上初の甲子園優勝も成し遂げたのであった。

野球以前に人を育てる森監督の教えは、これからも浦和学院の伝統として受け継がれていく。

浦和学院の記事はこちら。

【関連】花咲徳栄の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です