「苦しさを乗り越えてこそ喜びがある」/ 浦和学院 森士監督

人は多少の災難には立ち向かえるものの、あまりにもしんどくて苦しい時間が続くと、明るい未来が訪れることを信じられず、途中で諦めたり挫折してしまう。

特に終わりの見えない苦しさには、例え大きな目標のための努力であっても、精神的な辛さが上回ってしまうため、逃げ出してしまうケースが多い。

それでも、困難や試練などを乗り越えた先には、笑顔が溢れるようなことが必ず待っていることに加え、まだ見ぬ成長した自分に出会えるものである。

そんな考えから、浦和学院を指揮している森士監督は、辛い時こそ逃げるのではなく挑むよう促し、選手たちをチャレンジを通して成長させている。

森監督は、悔しい敗戦を経験しても、何度も諦めずに挑戦を続けたことで、全国制覇へ導けた自身の指導者人生から、選手たちにも簡単に諦めるくせをつけないことの大切さを伝えている。

もちろん、敗因となるようなミスやプレーなどを経験し、自信をなくしたり怖さを覚えてしまうことで、簡単には立ち直れなかったり切り替えられない選手もいる。

そのため、怒るのではなく、受け入れることや挽回のチャンスを探すことを一緒になって行うなど、挑戦の心を奪わず後押しするようなスタイルで指導を行っている。

困難や試練、逆境や不都合に対しても、諦めたり逃げるのではなく、成長のきっかけとして選手たちと足並みを揃えて歩む森監督の二度目の全国制覇へ向けての挑戦から、今後も目が離せない。

↓森士監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「苦しさを乗り越えてこそ喜びがある」/ 浦和学院 森士監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です