「全員が1つになって戦うのが高校野球」/ 佐賀北 副島浩史選手

開幕戦で甲子園初勝利を挙げると、大会史上最長となる73イニングを戦い抜き、全国の頂点へ上り詰めた2007年の佐賀北高校。 そんなチームの「打の柱」としてチーつを支え、決勝戦では、逆転満塁ホームランを放つなどの活躍を見せた … “「全員が1つになって戦うのが高校野球」/ 佐賀北 副島浩史選手” の続きを読む

「自分にないものを支え合うのが人間」/ 佐賀北 百崎敏克監督

2007年の夏、開幕試合での甲子園初勝利から勢いに乗り、全国制覇を成し遂げた佐賀県立佐賀北高校。 2回戦では、延長15回引き分け再試合を制すると、準々決勝では優勝候補の帝京をサヨナラで敗り、決勝では、「逆転満塁ホームラン … “「自分にないものを支え合うのが人間」/ 佐賀北 百崎敏克監督” の続きを読む

「『カベ 』というのは あるわけじゃなくて 自分が作るもの」 / 佐賀北 百崎敏克監督

2007年の夏の甲子園で全国制覇を成し遂げた佐賀県立佐賀北高校。 07年夏、佐賀北は開幕試合で甲子園初勝利を挙げると、二回戦では延長15回引き分け再試合で勝利、準々決勝では優勝候補の一角帝京高校相手に延長13回サヨナラ勝 … “「『カベ 』というのは あるわけじゃなくて 自分が作るもの」 / 佐賀北 百崎敏克監督” の続きを読む

「『2番で良かった』、という人生を送っていこう」/ 広陵 土生翔平選手

2007年の夏の甲子園で、後のプロ野球選手4人を擁したメンバーで、準優勝を成し遂げた、広島の広陵高校。 当時主将として、広陵高校を40年ぶりに夏の決勝へと導いたのが、後にプロ入りを果たした、土生翔平選手である。

「自分で気づいて発した言葉でなければ意味が無い」/ 佐賀商業 森田剛史監督

私学勢が甲子園の上位進出の大半を占めはじめた平成の時代に、二度の公立勢による全国制覇(選手権)を成し遂げた佐賀県勢。 94年夏の甲子園の決勝戦で9回に満塁本塁打で試合を決め、県勢初の全国制覇を成し遂げたのが、県勢最多出場 … “「自分で気づいて発した言葉でなければ意味が無い」/ 佐賀商業 森田剛史監督” の続きを読む