「勝っても負けても、目標に向かって努力してきた事は、今後の人生にきっと活かされる」/ 敦賀気比 内藤剛志選手

2年連続の出場となった、1995年の夏の甲子園で、チームの最高成績となる4強進出を果たした、福井県の敦賀気比高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、3回戦で延長15回を一人で投げ抜くなどの活躍で快進撃を支えていた、 … “「勝っても負けても、目標に向かって努力してきた事は、今後の人生にきっと活かされる」/ 敦賀気比 内藤剛志選手” の続きを読む

「アクシデントをどう切り抜けていくかというのもチームの力」/ 敦賀気比 東哲平監督

母校の敦賀気比を指揮する東哲平監督は、自身の現役時代の失敗と後悔があったからこそ、北陸勢初の全国制覇へ導くことができたのであった。 東監督は、高校時代には、2年時から甲子園を経験し、チームでも1.2を争う好打者であったこ … “「アクシデントをどう切り抜けていくかというのもチームの力」/ 敦賀気比 東哲平監督” の続きを読む

「自分の力で課題を克服し、上達につなげていってほしい」/敦賀気比 東哲平監督

平成の30年間で、春夏合わせて25の勝ち星を甲子園で挙げ、2015年のセンバツには、北陸勢として初となる、甲子園制覇を成し遂げた福井県の敦賀気比高校。 チームを2011年から指揮しているのは、選手時代に甲子園出場を果たし … “「自分の力で課題を克服し、上達につなげていってほしい」/敦賀気比 東哲平監督” の続きを読む

「勝利を目指しているのであれば、厳しさは絶対に必要」/ 敦賀気比 篠原涼選手

2015年のセンバツ大会を制して、北陸に初めて甲子園の優勝旗を持って帰った、福井県の敦賀気比高校。 当時、主将としてチームを全国の頂点に導いたのが、後に高校日本代表の主将も務めた、篠原涼選手である。

「ハンデを嘆いたところでなにも始まらない」/ 敦賀気比 東哲平監督

高校野球100年の年のセンバツ大会で、北陸勢の悲願である「甲子園優勝」を成し遂げた、福井県の敦賀気比高校。 1994年に甲子園初出場を果たすと、15年のセンバツ大会の制覇や春夏合わせて3度の四強進出など、全国大会でも上位 … “「ハンデを嘆いたところでなにも始まらない」/ 敦賀気比 東哲平監督” の続きを読む

「僕は気付かせ役。指導者はそれでいいと思っている」/ 敦賀気比 東哲平監督

高校野球100年の年の2015年のセンバツ大会で、北陸勢初の甲子園制覇を成し遂げた福井県の敦賀気比。 甲子園常連校であったものの、幾度も四強の壁に阻まれていた。 しかし、15年のセンバツは猛打でそのジンクスを振り払い勢い … “「僕は気付かせ役。指導者はそれでいいと思っている」/ 敦賀気比 東哲平監督” の続きを読む

「試合で勝つためにはいろんな能力を使わないとダメ」/ 上田西 原公彦監督

甲子園出場時に、技術でのミスに対して一切怒らず、選手たちにのびのびプレーをさせる指導をしていたことで、全国から賞賛の声を浴びたのは、上田西を指揮していた、原公彦監督である。 そんな原監督は、軟式高校野球の指導者として、6 … “「試合で勝つためにはいろんな能力を使わないとダメ」/ 上田西 原公彦監督” の続きを読む

「負けるのは悔しかったけれども、これも勲章かもしれない」/ 福井商 北野尚文監督

ユニフォームの左袖に縫いつけられた「炎」のマークような情熱を、福井商業を指揮していた北野尚文監督は、高校野球の監督という職業に捧げたのであった。 22歳という右も左も分からない若さで、野球部存続の危機にあった福井商業復活 … “「負けるのは悔しかったけれども、これも勲章かもしれない」/ 福井商 北野尚文監督” の続きを読む

「野球をもっと考えてやれば、今の能力でももっとうまく回る」/ 佐久長聖 藤原弘介監督

高校野球界の屈指の名門、PL学園の前監督という肩書きをプレッシャーにもせず、佐久長聖の監督就任後も安定した成績を残し続けている藤原弘介監督。 選手、コーチ、監督とPL学園の野球を知り尽くした藤原監督だからこそ、低迷期であ … “「野球をもっと考えてやれば、今の能力でももっとうまく回る」/ 佐久長聖 藤原弘介監督” の続きを読む