「最少失点と最大得点はゲームをやる上での基礎」/ 日本文理 鈴木崇監督

点数を競う野球というスポーツでは、勝利へ近づくために、様々な戦術を駆使して、失点を極力減らすとともに、得点を最大限挙げることを目指すのが一般的である。

「頭ごなしに伝えても、子どもが納得しなければだめ」/ 日本文理 大井道夫監督

数々の実績を残し、新潟の高校野球の歴史を何度も変えた日本文理を指揮していた大井道夫監督は、高校野球の指導の在り方を変えた存在でもある。

「チームメイトが認めざるを得ない存在になれ」/ 日本文理 鈴木崇監督

かつて日本文理を率いて、新潟県勢初の全国制覇に最も近づいた大井道夫監督の後継者であったことから、注目を集めながらの就任となった、鈴木崇監督。 鈴木監督は、コーチを務めていた際に間近で学んだことだけでなく、選手時代に受けた … “「チームメイトが認めざるを得ない存在になれ」/ 日本文理 鈴木崇監督” の続きを読む

「いちいち監督に頼るような野球をやるな」/ 日本文理 大井道夫監督

センバツ大会では、2006年まで一度も勝利を挙げたことがなかったことから、「全国最弱」とまで称されていた新潟県勢。 そんな県の歴史を塗り替えたのが、「強打」を代名詞にチーム作りを行っていた、日本文理の大井道夫前監督である … “「いちいち監督に頼るような野球をやるな」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む

「1番をつけている限り、マウンドは譲りたくなかった」/ 日本文理 飯塚悟史選手

2013年の神宮大会で準優勝を成し遂げ、翌年の夏の甲子園では、4強進出を果たした新潟県の日本文理高校。 当時のチームをエースとして支えていたのは、常時140キロを超える制球力抜群のストレートを武器としていた、飯塚悟史選手 … “「1番をつけている限り、マウンドは譲りたくなかった」/ 日本文理 飯塚悟史選手” の続きを読む

「人が嫌がることをあえてやる、それをやりきることが自信につながる」/ 日本文理 伊藤直輝選手

2009年の夏の甲子園の決勝で、6点差の9回ニ死走者なしから、5点を挙げる驚異の粘りを見せ、県勢初の準優勝を成し遂げた、新潟県の日本文理高校。 当時エースとして、力投でチームを支え、決勝戦では、球場中に響き渡る「伊藤コー … “「人が嫌がることをあえてやる、それをやりきることが自信につながる」/ 日本文理 伊藤直輝選手” の続きを読む

「自分で考えることができる個人が完成して、初めてチームプレーがある」/ 日本文理 大井道夫監督

2009年の夏の甲子園で、球史に残る、最終回二死走者無しからの5点を挙げ1点差に迫る怒涛の追い上げを見せ、県勢初の準優勝を成し遂げた新潟県の日本文理高校。 そんな日本文理で1986年から2017年まで指揮をとり、春夏合わ … “「自分で考えることができる個人が完成して、初めてチームプレーがある」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む

「答えは監督が先に言っちゃダメ」/ 日本文理 大井道夫監督

「大逆転劇」でもなければ、「延長戦による死闘」でもないが、高校野球史に残る名勝負として語り継がれているのが、91回大会の日本文理と中京大中京の決勝戦だ。 前評判どおりの圧倒的な強さで、試合を優位に進め6点差で最終回を迎え … “「答えは監督が先に言っちゃダメ」/ 日本文理 大井道夫監督” の続きを読む