「目の前の結果にこだわりすぎてはいけない」/ 神村学園 小田大介監督

センバツ大会の準優勝を筆頭に、甲子園でも様々の好成績を残している鹿児島県の神村学園高校。

チームの歴史は浅いものの、プロ野球選手も輩出しており、全国からは強豪校として認識されている。

そんなチームを指揮しているのは、技術指導だけでなく、人間力の育成にも力を入れている、小田大介監督である。

神村学園は、全国常連であるが故に、日本一や甲子園を目標に毎年、県外からも入部者が多い。

しかし、小田監督は、野球をする以前に、高校生であるという考えから、学校や私生活をキチンとこなすことを求めている。

ルールを守ることはもちろん、礼儀作法や清掃活動などにも厳しく指導し、できていなければ、例え技術が高くとも試合では起用しない。

もちろん、選手たちの夢や目標である野球での勝利や、スキルのレベルアップへ向けては、一緒になって汗を流す。

それでも、人として成長しなければ、野球での成長には限度があるとして、人間性を伸ばすことを優先している。

勝ち負けや上手い下手など、目の前の結果にとらわれるのではなく、教育者として長い視点で見守り、人格形成から行う小田監督の指導こそ、高校野球の指導者の在るべき姿なのだろう。

神村学園の記事はこちら。

【関連】樟南高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です