「最後は結局、心が強い方が勝つんです」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

野球をはじめとしたあらゆるスポーツでは、高いパフォーマンスが勝敗に影響を及ぼすため、いかに日々の練習で培っておくことが求められる。

しかし、スキルやノウハウをいくら身につけても、それらを発揮するためのメンタルがなければ、宝の持ち腐れとして終わってしまうことになる。

そのため、練習や努力では技術や体を育むとともに、プレッシャーや不安に打ち勝てるような心を作り上げることを、多くのチームや選手が行っている。

駒大苫小牧を指揮する佐々木孝介監督もまた、心が強くなければ、持っている能力は発揮できないと考え、毎日の練習では心身ともに鍛えさせている。

佐々木監督は、選手時代に北海道勢初の全国制覇を成し遂げたが、その際には技術以上に心の部分で優勝を掴み取ったという経験があるため、指導者になった現在も継承している。

もちろん、根性論だけで勝てるほど、勝負の世界は簡単ではないため、理論や理屈も重視はしているが、大舞台ではそうしたものが通用しないこともあるため、そうした場面に備え心を鍛えさせているのだ。

野球だけでなく、心の部分でも相手を上回ることを目指す駒大苫小牧は、これからも高校野球の新たな歴史を作ることに期待できそうだ。

↓佐々木孝介監督の記事はこちら↓

駒大苫小牧の記事はこちら。

【関連】香田誉士史監督の記事はこちら。

【関連】北海高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です