「甲子園でプレーすることも大事だが、そこを目指して頑張ることが大事」/ 済美 中矢太監督

高校球児であれば誰しも、憧れの場所であり聖地である甲子園に出場することを夢見るものであるが、その権利を掴み取れるのは、ほんの僅かな人数である。

また、甲子園出場を果たすことができた場合にも、チーム内でのレギュラー争いを制することができなければ、プレーするという夢は叶わないなど、簡単な道のりではない。

しかし、甲子園に向かって努力することは誰にでもできることに加え、例え甲子園に出場するという夢が叶わなくとも、その努力が無駄になることはない。

そんな考えから、済美高校を指揮している中矢太監督は、甲子園や全国制覇という目標を目指しながらも、その過程を重視した指導を行っている。

中矢監督は、選手時代にはレギュラーとして甲子園出場を果たすと、指導者としても部長と監督の両方で甲子園へ導くなどの数々の実績と経験を残している。

だが、甲子園に出場したこと以上に、毎日の練習の方がその後の人生に与える影響が大きいという自身の経験から、日々の練習の充実度にもこだわっている。

もちろん甲子園という舞台の経験は、何事にも変え難い自信や励みになるが、厳しい練習に耐えたり、仲間と協力し合うなどの経験は、結果に関係なく無駄にはならないことを伝えている。

夢を叶えることの素晴らしさだけでなく、夢に向かって努力することの素晴らしさも教える中矢監督済美こそ、高校野球のあるべき姿なのだろう。

↓中矢太監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「甲子園でプレーすることも大事だが、そこを目指して頑張ることが大事」/ 済美 中矢太監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です