「ミスは出ると思うけど、いかになくすかが大事」/ 仙台育英 田中祥都選手

2019年の秋の県大会と東北大会を制し、翌年の夏の県大会でも優勝を遂げ東北大会では準優勝を果たすなどの成績を残した仙台育英高校。

当時、俊足好打のリードオフマンとしてプレーでチームを引っ張る傍ら、主将として背中でもチームを支えていたのは、田中祥都選手である。

“「ミスは出ると思うけど、いかになくすかが大事」/ 仙台育英 田中祥都選手” の続きを読む

「自分が伸びなければ生徒も伸びません」/ 仙台育英 竹田利秋監督

指導者という仕事は、 教える相手を成長させることが求められるため、自分のことを後回しにして、教える相手のために時間を割くことが多い。

“「自分が伸びなければ生徒も伸びません」/ 仙台育英 竹田利秋監督” の続きを読む

「実年齢と同じままの精神年齢では、日本一になれない」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球で日本一を目指す上では、他校を上回る優れた技術や深い絆で結ばれたチームワーク、そして何より正しい努力を圧倒的な量こなすことが必要である。

“「実年齢と同じままの精神年齢では、日本一になれない」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「スポーツというものは自分の意思を身体で表現するもの」/ 仙台育英 竹田利秋監督

スポーツだけでなく物事を始める上では、人から教わることからスタートするため、ある程度の経験を積んでも、人からの指示を待ってしまうことは多々ある。

“「スポーツというものは自分の意思を身体で表現するもの」/ 仙台育英 竹田利秋監督” の続きを読む

「甲子園優勝は偶然できるものではない」/ 仙台育英 須江航監督

高校野球の世界では、甲子園出場や上位進出であれば、運に助けられることもあるが、優勝するためには、根拠となるものが必要になる。

“「甲子園優勝は偶然できるものではない」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「選手が伸びる雰囲気をつくれば、勝つチームにつながる」/ 仙台育英 竹田利秋監督

近年、全国の舞台で上位進出し、何度も全国制覇にあと一歩の所まで迫るなど躍進を続け、優勝候補にも挙げられることの多い、東北勢

そんな東北勢が全国でも勝てるようになった背景には、東北の野球を根こそぎ変えることを目標に掲げ、東北高校仙台育英で指揮をしてきた、竹田利秋監督の存在があった。

“「選手が伸びる雰囲気をつくれば、勝つチームにつながる」/ 仙台育英 竹田利秋監督” の続きを読む

「野球は献身が必要なスポーツだと思っています」/ 仙台育英 須江航監督

近年、東北勢初の甲子園制覇に最も近いと期待されてい仙台育英であったが、2017年に発生した不祥事により、監督退任と活動自粛を余儀なくされ、絶望の雰囲気が漂っていた。

そのため、甲子園への出場すらも危ぶまれていたが、須江航監督の就任により、再び甲子園の頂点が射程圏内に入るまでに、復活を遂げた。

“「野球は献身が必要なスポーツだと思っています」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「嫌われると、どんな言葉も相手に届かなくなります」/ 学法石川 佐々木順一朗監督

勝利」というものを目標にせずとも、数々の好成績を残してきたのが、福島県の学法石川の指揮を執る、前仙台育英監督の佐々木順一朗氏である。

仙台育英時代には、監督就任から6年で東北勢として初のセンバツ準優勝を成し遂げるのなどの、黄金期を作るも、不祥事が発覚し、チームも5年間甲子園から遠ざかることとなった。

“「嫌われると、どんな言葉も相手に届かなくなります」/ 学法石川 佐々木順一朗監督” の続きを読む