「大切なのは、『テーマを持つ』ということ」/ 仙台育英 須江航監督

平成の時代に春夏合わせて、東日本勢最多の41の勝ち星を甲子園で挙げている宮城県の仙台育英高校。

そんなチームを2018年から指揮しているのは、中学野球の監督として全国制覇に導いた実績を持つ、須江航監督である。

“「大切なのは、『テーマを持つ』ということ」/ 仙台育英 須江航監督” の続きを読む

「投手は気持ちを込めて投げるしかない」/ 仙台育英 佐藤由規選手

2007年の夏の甲子園に、下馬評通りの躍進で、春夏連続出場を果たした、宮城県の仙台育英高校。

当時のチームのエースとして、甲子園出場の立役者となったのが、「みちのくのプリンスK」と称されていた、佐藤由規選手である。

“「投手は気持ちを込めて投げるしかない」/ 仙台育英 佐藤由規選手” の続きを読む

「人間が本物にならなければ、野球も本物にならない」/ 仙台育英 竹田利秋監督

東北地方の高校野球の歴史を作ってきた、宮城県の東北高校仙台育英高校。

その両校で27年間監督として、チームを甲子園へと春夏合わせて27度導き、多くのプロ野球選手を育て上げ、30の勝ち星を記録したのが、東北を代表する名将、竹田利秋監督である。

竹田監督は、1968年に東北高校の監督に就任すると、17年間で春夏合わせて17度甲子園へチームを導き、85年に仙台育英に移ると、89年の夏の甲子園では準優勝を果たすなど、多くの記録を残している。

続きを読む

「やると決めたラインまでしっかりやりきろう」/ 仙台育英 須江航監督

東北勢悲願の甲子園制覇に最も近い存在であると称されている、宮城県の仙台育英高校。

平成の甲子園では3度の準優勝を経験し、勝ち星は41で全国4位の記録を残し、神宮大会での優勝経験もある全国を代表する強豪である。

そんな仙台育英を指揮するのは、須江航監督である。

続きを読む

「地に足を付けてやること、浮かれないことが一番大事」/ 仙台育英 佐々木順一朗監督

平成に入って、何度も悲願の甲子園制覇に近づいた東北勢。

そんな東北勢の中でも優勝に最も近いと言っても過言ではないのが仙台育英である。

仙台育英は甲子園で平成の30年間で41の勝ち星を挙げ、元年と27年の夏、13年のセンバツでは準優勝という成績を残している。

決勝では敗れているものの、1点差や延長戦という互角の戦いを繰り広げている。

そんな名門仙台育英を約20年指導し、数々の名選手やプロ野球選手を輩出してきたのが、現在(2019年1月)、学法石川で指揮をとっている佐々木順一朗監督だ。

続きを読む