「監督が変わらなくては誰もついてこない」/ 大垣日大 阪口慶三監督

努力や試行錯誤を繰り返し、自分なりに考え出したやり方で結果が出ると、自信や喜びなると同時に、その方法にこだわるようになってしまうようになる。

“「監督が変わらなくては誰もついてこない」/ 大垣日大 阪口慶三監督” の続きを読む

「『選手を信じること』が何よりも大切なことです」/ 大垣日大 阪口慶三監督

2007年のセンバツ大会で「希望枠」として甲子園初出場を果たし、準優勝を成し遂げた大垣日大

チームを指揮しているのは、愛知の名門、東邦高校で監督として全国制覇1回、準優勝2回の経験を持つ阪口慶三監督である。

“「『選手を信じること』が何よりも大切なことです」/ 大垣日大 阪口慶三監督” の続きを読む

「人間を人に変えるのが仕事」/ 大垣日大 阪口慶三監督

愛知の伝統校東邦で監督として、春夏甲子園に24回(春13回、夏11回)出場経験を持ち、1977年の夏の選手権、88年センバツは準優勝、89年センバツには優勝へチームを導いたのが阪口慶三監督である。

続きを読む

「選手に自信を持たせないと上達しない」/ 大垣日大 阪口慶三監督

平成の終了時点で、センバツ最多優勝記録を持つ東邦高校。

かつてチームを指揮していたのが阪口慶三監督である。

続きを読む