「ちょっとでも余分なことを考えるから転ぶ」/ 愛工大名電 倉野光生監督

勝負事では、余裕な状態になればなるほど、余計なことを考えてしまうが、目の前のことに集中しなければ、勝利の確率を下げてしまうことになる。

“「ちょっとでも余分なことを考えるから転ぶ」/ 愛工大名電 倉野光生監督” の続きを読む

「心の持ちようでパフォーマンスは変わります」/ 愛工大名電 山崎武司選手

1986年の夏の愛知県大会5回戦で、前年の県大会準優勝校にして、優勝候補筆頭でもありながら敗れた、愛工大名電高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算56本塁打の強打者として全国から注目を集めていた、山崎武司選手である。

“「心の持ちようでパフォーマンスは変わります」/ 愛工大名電 山崎武司選手” の続きを読む

「勝利を積み重ねるには工夫と勉強が必要」/ 愛工大名電 倉野光生監督

数々の記録を残したり、プロ入りを果たすようなスター選手を育てていれば、自然と自身の手腕に過信してしまう指導者は少なくない。

“「勝利を積み重ねるには工夫と勉強が必要」/ 愛工大名電 倉野光生監督” の続きを読む

「苦しみを乗り越えていかない限り、体の強さも精神的な強さも備わって来ない」/ 名古屋電気 工藤公康選手

1981年の夏の甲子園で、チーム最高成績となる、4強進出を果たした、愛知県の名古屋電気(現・愛工大名電)高校

当時チームのエースを務めていたのは、甲子園の2回戦でノーヒットノーランを成し遂げるなどの活躍を見せていた、工藤公康選手である。

“「苦しみを乗り越えていかない限り、体の強さも精神的な強さも備わって来ない」/ 名古屋電気 工藤公康選手” の続きを読む

「真剣に勝負に打ち込むからこそ、見えるものもある」/愛工大名電 倉野光生監督

高校野球界の強豪校では、グラウンド外だけでなく、寮生活においても一定のルールが設けられており、その厳しさから心身を強化し、野球にも活かすチームが多い。

数々のスター選手を輩出し、甲子園優勝経験もある愛工大名電を指揮する倉野光生監督もまた、チームの伝統である寮生活を通して、選手たちを鍛え上げている。

“「真剣に勝負に打ち込むからこそ、見えるものもある」/愛工大名電 倉野光生監督” の続きを読む

「小さなことを大切にしていかないと、頂点には立てない」/ 愛工大名電 鈴木一朗選手

1990年の夏の甲子園から2季連続で甲子園出場を果たした、愛知県の愛工大名電

当時、チームの打の中軸を担っていたのは、高校通算19本塁打、269安打を筆頭に数々の実績を残した、鈴木一朗選手である。

“「小さなことを大切にしていかないと、頂点には立てない」/ 愛工大名電 鈴木一朗選手” の続きを読む

「どん底を味わって初めて成長をする」/ 愛工大名電 倉野光生監督

多くのプロ野球選手を輩出し、甲子園では2004年のセンバツで準優勝、翌年には全国制覇を記録している、愛工大名電。  

そんなチームを1997年から指揮しているのは、OBの倉野光生監督である。

“「どん底を味わって初めて成長をする」/ 愛工大名電 倉野光生監督” の続きを読む

「ピッチャーは喜怒哀楽を出したらダメ」/ 愛工大名電 濱田達郎選手

2011年の秋の神宮大会で、準優勝を成し遂げ、翌年のセンバツでは8強に進出を果たした、愛工大名電高校。

当時、チームのエースとして全国から注目されていたのが、花巻東大谷選手大阪桐蔭藤浪選手と肩を並べ、「高校BIG3」の一角と称されていた、濱田達郎選手である。

“「ピッチャーは喜怒哀楽を出したらダメ」/ 愛工大名電 濱田達郎選手” の続きを読む

「選手が何をできるかを見極めるんです」/ 愛工大名電 倉野光生監督

愛知県の高校野球四強として、中京大中京東邦享栄と肩を並べる愛工大名電

2003年の神宮大会や05年のセンバツ大会を制した実績や、イチロー選手をはじめとする、数々の名選手を球界に送り出していることから、全国からも注目を集める存在となっている。

そんな名門を指揮しているのが、倉野光生監督である。

続きを読む