「殻を破ろうとしていることは、絶対に後悔には繋がらない」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

成長する上では多かれ少なかれ変化が求められるが、現状の自分を失う怖さや結果が出るか否かの不安が足枷となり、挑戦から逃げてしまうケースは多い。

“「殻を破ろうとしていることは、絶対に後悔には繋がらない」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督” の続きを読む

「弱いチームでも、粘りがあれば甲子園に行けるんです」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

沖縄尚学の選手、監督としてセンバツ優勝を経験している比嘉公也監督は、野球の技術だけで、日本一を成し遂げたわけではなかった。

選手時代に指導を受けた、恩師の金城孝夫監督は、グラウンドの外の寮や学校といった、日常生活の過ごし方や、人間性といったものを重視していた。

“「弱いチームでも、粘りがあれば甲子園に行けるんです」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督” の続きを読む

「毎年同じことをやっていてもダメ」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

1999年に成し遂げた県勢初の全国制覇を筆頭に、甲子園での20を超える勝ち星を挙げている沖縄尚学高校。

そんなチームを2006年から引きているのは、選手時代にエースとして県勢初の全国制覇に貢献し、監督としても08年のセンバツ優勝に導いた実績を持つ、OBの比嘉公也監督である。

“「毎年同じことをやっていてもダメ」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督” の続きを読む

「完封にはこだわっていない、でも完投だけは譲れないんです」/ 沖縄尚学 東浜巨選手

県勢初の甲子園優勝を果たした際のエースが、肩書きを監督に変え戻ってきたセンバツで 優勝を果たし、大きな話題を呼んだ2008年の沖縄尚学高校。

そんなチームを、エースとして、5試合全てで登板し、完投、完封を2試合ずつ成し遂げる活躍で支えていたのが、東浜巨選手である。

“「完封にはこだわっていない、でも完投だけは譲れないんです」/ 沖縄尚学 東浜巨選手” の続きを読む

「野球ノートは自分の意識と行動を変えるためのノートなんです」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

沖縄の高校野球の歴史を語る上でかかせないのが、沖縄尚学高校である。

1999年のセンバツ大会では、県勢初の甲子園優勝を成し遂げると、2008年のセンバツ大会でも、甲子園を制覇した記録を残している。

そんな2度のセンバツ優勝を99年はエースとして、08年は監督として経験したのが、現在も指揮を執る比嘉公也監督である。

続きを読む

「時間の使い方、努力の仕方が何か間違っていたら当然伸びないです。」/ 沖縄尚学 比嘉公也監督

沖縄の高校野球を代表する強豪沖縄尚学

1999年のセンバツ大会で、県勢初の甲子園優勝を成し遂げると、2008年のセンバツ大会でも、甲子園を制覇した。

99年の優勝メンバーのエースであった比嘉公也選手が、現在は監督としてチームを指揮する。

続きを読む