「過去を一度否定することも必要」/ 済美 中矢太監督

現在取り組んでいる物事が上手く進んでいないと、私たちは自身のキャリアなどで誇れる部分を自慢したり、昔の実績に浸ることに逃げるなど、現実逃避をしてしまう。

“「過去を一度否定することも必要」/ 済美 中矢太監督” の続きを読む

「勝つ喜びがあるから、苦しい練習にも耐えられる」/ 済美 上甲正典監督

スポーツでは、勝利という結果を手に入れられると、それまでの過酷な努力や辛かった日々が報われたような気持ちになり、次なる挑戦へのモチベーションにもなる。

“「勝つ喜びがあるから、苦しい練習にも耐えられる」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む

「1つ勝ったら、また勝ちたくなる、甲子園はそういうところです」/ 済美 中矢太監督

多くのファンや野球少年たちの心を掴み離さない、高校野球の聖地甲子園球場は、コーチや監督といった指導者にとっても特別な存在である。

“「1つ勝ったら、また勝ちたくなる、甲子園はそういうところです」/ 済美 中矢太監督” の続きを読む

「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」

2018年

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

2回戦

済美 (愛媛県代表) × 星稜 (石川県代表)
“「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」” の続きを読む

「選手の思いに指導者は応えないといけない」/ 済美 上甲正典監督

高校野球の指導者が教育者という肩書きを持つ以上は、人間性の部分を育てることも必要となるが、やはり、勝負にこだわる姿勢は捨ててはならない。

“「選手の思いに指導者は応えないといけない」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む

「努力をした人しか夢を叶えるチャンスはない」/ 済美 田坂僚馬選手

2004年の甲子園に、創部3年目ながら春夏連続出場し、センバツでは優勝、選手権では準優勝を成し遂げた、愛媛県の済美高校。

当時、チームの三塁手を務めていたのは、下位打線ながら高打率も残し、攻守にわたりチームを支えていた、田坂僚馬選手である。

続きを読む

「昔ながらの練習にも意味はある」/ 済美 中矢太監督

かつて上甲正典監督の指揮の元、創部3年で、センバツ高校野球に初出場初優勝を成し遂げ、衝撃デビューを果たした愛媛県の済美高校は、不祥事をきっかけに、低迷期を経験した。

体外試合禁止や公式戦出場停止など、厳しい処分を受け、人気も低迷し、入部希望者も減少し、大会でも勝てないという悪循環が続いていた。

“「昔ながらの練習にも意味はある」/ 済美 中矢太監督” の続きを読む

「学校のグラウンドに甲子園への切符が落ちとる」/ 済美 上甲正典監督

厳しい指導が注目されると、怖さだけが認識され、優しさや笑顔は作りものと批判されることが多いが、ほとんどの指導者が、怒っている時の方が演技なのだろう。

それを象徴するのが、宇和島東済美の両校でセンバツ甲子園初出場初優勝へ導くなどの功績を残してきた、上甲正典監督である。

“「学校のグラウンドに甲子園への切符が落ちとる」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む