「高校時代には、無駄な練習が必要」/ 済美 福井優也選手

2004年のセンバツ大会で、創部3年目で、 初出場初優勝の快挙を成し遂げた、愛媛県の済美高校。

そんなチームを2年生エースとして支え、松坂大輔選手以来の2試合連続完封勝利を成し遂げるなどの活躍を見せたのが、福井優也選手である。

“「高校時代には、無駄な練習が必要」/ 済美 福井優也選手” の続きを読む

「選手を安心させ力を出させるようにするには、私が笑顔でいること」/ 済美 上甲正典監督

2002年創部後、04年にはセンバツに初出場を決めると、接戦で強豪校を次々倒し、ついには、初出場初優勝の快挙を成し遂げた愛媛県の済美高校。

チームを指揮していたのは、宇和島東の監督としてもセンバツ大会で初出場初優勝へとチームを導いた実績をもつ上甲正典監督である。

“「選手を安心させ力を出させるようにするには、私が笑顔でいること」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む

「思いこみの力は大きい」/ 済美 上甲正典監督

やればできるは魔法の合言葉」の校歌と創部から約2年で日本一を達成したことで、全国から注目を集める存在となったのが愛媛県の済美高校である。

済美は2002年に野球部を創部すると04年のセンバツに初出場を果たし、接戦ながらも強豪校を次々倒し、勢いそのままに全国制覇を成し遂げたのであった。

続く夏の甲子園も決勝まで勝ち進み準優勝で甲子園初出場から9連勝という驚異的な記録も残した。

そんな済美を強豪へと育て上げたのが、独特の采配や指導から「上甲マジック」とファンから親しまれていた、上甲正典監督である。

続きを読む

「先入観を持って戦略を考えないようにしている」/ 済美 中矢太監督

高校野球には、ミラクルとして語り継がれるチームが多数存在する。

愛媛県の済美高校もまた、「ミラクル済美」と称された。

済美は2002年創部すると2004年のセンバツには、甲子園初出場を決めた。

そして、甲子園では接戦で強豪校を次々倒し、初出場初優勝を成し遂げたのであった。

そんな済美の名を全国に広めたのが、名将上甲監督の後を継ぎチームを指揮しているのが、中矢太監督である。

続きを読む

「時間との闘いをしなさい。」/ 済美 上甲正典監督

高校野球には、ミラクルとして語り継がれるチームが多数存在する。

愛媛県の済美高校もまた、「ミラクル済美」と称された。

済美は2002年創部すると2004年のセンバツには、甲子園初出場を決めた。

センバツ大会の記事はこちら。

そして、甲子園では接戦で強豪校を次々倒し、初出場初優勝を成し遂げたのであった。

そんな済美の名を全国に広めたのが、名将、上甲正典監督である。

続きを読む