「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」

2018年

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

2回戦

済美 (愛媛県代表) × 星稜 (石川県代表)
“「高校野球はすごい!高校球児はすごい!!」” の続きを読む

「選手の思いに指導者は応えないといけない」/ 済美 上甲正典監督

高校野球の指導者が教育者という肩書きを持つ以上は、人間性の部分を育てることも必要となるが、やはり、勝負にこだわる姿勢は捨ててはならない。

“「選手の思いに指導者は応えないといけない」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む

「努力をした人しか夢を叶えるチャンスはない」/ 済美 田坂僚馬選手

2004年の甲子園に、創部3年目ながら春夏連続出場し、センバツでは優勝、選手権では準優勝を成し遂げた、愛媛県の済美高校。

当時、チームの三塁手を務めていたのは、下位打線ながら高打率も残し、攻守にわたりチームを支えていた、田坂僚馬選手である。

続きを読む

「昔ながらの練習にも意味はある」/ 済美 中矢太監督

かつて上甲正典監督の指揮の元、創部3年で、センバツ高校野球に初出場初優勝を成し遂げ、衝撃デビューを果たした愛媛県の済美高校は、不祥事をきっかけに、低迷期を経験した。

体外試合禁止や公式戦出場停止など、厳しい処分を受け、人気も低迷し、入部希望者も減少し、大会でも勝てないという悪循環が続いていた。

“「昔ながらの練習にも意味はある」/ 済美 中矢太監督” の続きを読む

「学校のグラウンドに甲子園への切符が落ちとる」/ 済美 上甲正典監督

厳しい指導が注目されると、怖さだけが認識され、優しさや笑顔は作りものと批判されることが多いが、ほとんどの指導者が、怒っている時の方が演技なのだろう。

それを象徴するのが、宇和島東済美の両校でセンバツ甲子園初出場初優勝へ導くなどの功績を残してきた、上甲正典監督である。

“「学校のグラウンドに甲子園への切符が落ちとる」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む

「一球一球を追いかけていくことしか、目標に近づく道はない」/ 済美 安樂智大選手

2013年のセンバツで、初出場時から続く春の甲子園の連勝記録を9に伸ばし、準優勝を成し遂げた愛媛県の済美高校。

当時チームのエースを2年生ながら務めていたのは、全5試合に先発登板し46イニングを投げる力投を見せ、全国から注目を集めた安樂智大選手である。

済美高校の記事はこちら。

安樂選手は、地元の名門済美に進学する際に、「全国制覇」、「球速160キロ」、「ドラフト1位でプロ入り」という約束を上甲正典監督と交わしていた。

【関連】上甲正典監督の記事はこちら。

【関連】中矢太監督の記事はこちら。

大きな目標を叶えるために、入学後すぐから他の部員以上の練習量を自らに課し、厳しいトレーニングやランメニューにも積極的に取り組んでいった。

練習量が評価され、1年秋の新チームからは背番号1を背負い、秋の県大会と地区大会を勝ち抜きセンバツ出場を決めると、更なるレベルアップを目指し、新たな変化球の取得とストレートの精度を磨くことをスタートさせていった。

迎えた2年春の甲子園では、772球の熱投でチームを準優勝に導き、夏の甲子園では大会最速記録に並ぶ155キロを記録し、日本代表にも選出された。

全国の舞台での数々の成績で周囲から評価や期待をされる一方、「投げ過ぎ」で怪我をしてしまい、2年秋の以降は投球が難しい状態となっていった。

それでも主将としてチームを支える役割とリハビリを並行して行い、最後の夏には約300日ぶりの公式戦のマウンドに復帰を果たし、悲願のドラフト1位でプロ入りを果たしたのであった。

【関連】福井優也選手の記事はこちら。

「高校時代には、無駄な練習が必要」/ 済美 福井優也選手

2004年のセンバツ大会で、創部3年目で、 初出場初優勝の快挙を成し遂げた、愛媛県の済美高校。

そんなチームを2年生エースとして支え、松坂大輔選手以来の2試合連続完封勝利を成し遂げるなどの活躍を見せたのが、福井優也選手である。

“「高校時代には、無駄な練習が必要」/ 済美 福井優也選手” の続きを読む

「選手を安心させ力を出させるようにするには、私が笑顔でいること」/ 済美 上甲正典監督

2002年創部後、04年にはセンバツに初出場を決めると、接戦で強豪校を次々倒し、ついには、初出場初優勝の快挙を成し遂げた愛媛県の済美高校。

チームを指揮していたのは、宇和島東の監督としてもセンバツ大会で初出場初優勝へとチームを導いた実績をもつ上甲正典監督である。

“「選手を安心させ力を出させるようにするには、私が笑顔でいること」/ 済美 上甲正典監督” の続きを読む