「一人ひとりの子どもに目線を合わせる気持ちが大切」/ 箕島 尾藤公監督

“「一人ひとりの子どもに目線を合わせる気持ちが大切」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「厳しいことは言ってもいいが、愛情をもって叱ること」/ 箕島 尾藤公監督

“「厳しいことは言ってもいいが、愛情をもって叱ること」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「できないことは求めない、そのかわり、持てる力を出し切って欲しい」/ 箕島 尾藤公監督

“「できないことは求めない、そのかわり、持てる力を出し切って欲しい」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「笑顔は信頼を生む、そして笑顔は努力を支えてくれる」/ 箕島 尾藤公監督

“「笑顔は信頼を生む、そして笑顔は努力を支えてくれる」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「子どもには、子どもなりの思いがちゃんとある」/ 箕島 尾藤公監督

人間は誰しも、大人になる過程で子どもを経験しているが、育っ環境や時代の流れによって、学んだことや考えていたことは異なるものである。

“「子どもには、子どもなりの思いがちゃんとある」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「自分からやろうとしたことは限界なくやれる」/ 箕島 尾藤公監督

体罰や理不尽を含めたスパルタ指導は、かつての高校野球界では、当たり前とされていた時期があり、 箕島高校を指揮していた尾藤公監督も、「鬼の尾藤」と称されるほど、厳しい指導を行っていた。

“「自分からやろうとしたことは限界なくやれる」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「人と違うことをすることで自信がつく」/ 箕島 石井毅選手

1979年の甲子園で、史上初にして最後となる公立高校春夏連覇を成し遂げた、和歌山県の箕島高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園通算14勝を挙げるなどの成績を残した、石井毅選手である。

“「人と違うことをすることで自信がつく」/ 箕島 石井毅選手” の続きを読む