「子どもには、子どもなりの思いがちゃんとある」/ 箕島 尾藤公監督

人間は誰しも、大人になる過程で子どもを経験しているが、育っ環境や時代の流れによって、学んだことや考えていたことは異なるものである。

“「子どもには、子どもなりの思いがちゃんとある」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「自分からやろうとしたことは限界なくやれる」/ 箕島 尾藤公監督

体罰や理不尽を含めたスパルタ指導は、かつての高校野球界では、当たり前とされていた時期があり、 箕島高校を指揮していた尾藤公監督も、「鬼の尾藤」と称されるほど、厳しい指導を行っていた。

“「自分からやろうとしたことは限界なくやれる」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「人と違うことをすることで自信がつく」/ 箕島 石井毅選手

1979年の甲子園で、史上初にして最後となる公立高校春夏連覇を成し遂げた、和歌山県の箕島高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園通算14勝を挙げるなどの成績を残した、石井毅選手である。

“「人と違うことをすることで自信がつく」/ 箕島 石井毅選手” の続きを読む

「優しさも必要だが、強さも同じくらいなければならない」/ 箕島 尾藤公監督

公立高校が大多数を占めていた時代とはいえ、春夏連覇の偉業を成し遂げたのは、尾藤公監督率いる箕島高校が、現時点では、最初にして最後である。

選手たちの緊張をほぐすために、試合中に見せる「尾藤スマイル」は、その後、名将として名を馳せる若き日の監督たちにも大きな影響を与え、伝説としても語り継がれている。

“「優しさも必要だが、強さも同じくらいなければならない」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む

「監督の言うことを素直に聞くような子は、監督を超えるような存在にならん」/ 箕島 尾藤公監督

70年代に黄金時代を築いた、和歌山の伝統校、箕島高校は公立高校で唯一の春夏連覇を成し遂げた名門である。 

春夏連覇校の記事はこちら。

センバツは三度、選手権は一度の全国制覇を誇る。

そんな全国レベルのチームへと育て上げたのが尾藤公監督である。

続きを読む

「監督として一番いけないのは、変な先入観を持つことなんです」/ 箕島 尾藤公監督

70年代に黄金時代を築いた、和歌山県の伝統校、箕島高校。

公立高校で唯一の、春夏連覇を成し遂げた実績を残している名門である。 

春夏連覇校の記事はこちら。

甲子園では、センバツで三度、夏の選手権は一度の計四度の全国制覇の経験があり、全国的な知名度を誇っている。

そんな箕島を全国レベルのチームへと作り上げたのが尾藤公監督である。

続きを読む