「心を鍛えないと、体を鍛えても意味がありません」/ 興南 我喜屋優監督

史上6校目の春夏連覇を成し遂げた沖縄県の興南高校は、技術の高さを武器に果たした過去の5校とは異なり、人間力の高さで栄光を掴んだのであった。

“「心を鍛えないと、体を鍛えても意味がありません」/ 興南 我喜屋優監督” の続きを読む

「沖縄の夢、島人の悲願を、興南高校、春夏連覇の偉業で叶えました!!」

2010年

第92回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

興南 (沖縄県代表) × 東海大相模 (神奈川県代表)
“「沖縄の夢、島人の悲願を、興南高校、春夏連覇の偉業で叶えました!!」” の続きを読む

「目に見える技術よりも、目に見えない心の中の勝負で大体決まってきます」/ 興南 我喜屋優監督

就任から4年という驚異的なスピードで、県大会すら勝ち抜けない低迷期の母校、興南春夏連覇へ導いたのが、名将、我喜屋優監督である。 

当時のチームは、かつて春夏連覇へ導いた実績を持つ横浜高校渡辺元智監督など、数々の実績を持つ指導者が大会前から認めるほどの、圧倒的な強さであった。

“「目に見える技術よりも、目に見えない心の中の勝負で大体決まってきます」/ 興南 我喜屋優監督” の続きを読む

「練習は試合に負けて悔しいからやるんじゃなくて、勝つためにしっかりとやる」/ 興南 宮城大弥選手

2019年の夏の沖縄県大会で、沖縄尚学と延長13回に及ぶ大激闘を繰り広げ、堂々の準優勝を果たした興南高校。

当時チームのエースを務めていたのが、1年夏から甲子園のマウンドを経験するなどの活躍を見せていた、宮城大弥選手である。

“「練習は試合に負けて悔しいからやるんじゃなくて、勝つためにしっかりとやる」/ 興南 宮城大弥選手” の続きを読む

「高校3年間で頑張ったことは、絶対にその後の人生の支えになる」/ 興南 国吉大陸選手

2010年に、史上6校目の春夏連覇を成し遂げた、沖縄県の興南高校。

当時、不動の1番打者として、夏の大会で5割6分という驚異的な数字を残したのが、二塁手の国吉大陸選手である。

“「高校3年間で頑張ったことは、絶対にその後の人生の支えになる」/ 興南 国吉大陸選手” の続きを読む

「野球は9回だけど、人生のスコアボードはずっと続く」/ 興南 我喜屋優監督

昭和と平成の時代で、春夏合わせて16度の甲子園出場で、24の勝ち星を挙げ、2度の全国制覇を経験している沖縄県の興南高校。

チームを指揮しているのは、選手時代に4番で主将としてとして甲子園に出場し、県勢初の4強進出を果たした実績を持つ、OBの我喜屋優監督である。

“「野球は9回だけど、人生のスコアボードはずっと続く」/ 興南 我喜屋優監督” の続きを読む

「小さい約束事を守れないものに限ってミスをする」/ 興南 我喜屋優監督

長い高校野球の歴史で、選手として甲子園に出場後、監督として再び甲子園に帰ってくるケースは決して稀ではない。

しかし、選手としても、監督としても「旋風」を起こしたのは、興南高校の我喜屋優監督が史上初であろう。

続きを読む

「できるはずだって信じた人間が道を切り開いてきた」/ 興南 我喜屋優監督

2010年、史上6校目の春夏連覇を達成した沖縄県の興南高校。

夏の甲子園制覇の瞬間は、深紅の大優勝旗が、沖縄に初めて渡った瞬間でもあった。

そんな興南を指揮しているのは、我喜屋優監督である。

続きを読む