「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手

2019年の甲子園で、春夏連続4強進出を果たし、翌年の交流試合でも勝利を収めた、地元兵庫代表の明石商業高校。

当時、チームの先頭打者を担っていたのは、甲子園通算3本塁打を含む14安打を記録し、俊足好打の先頭打者として活躍していた来田涼斗選手である。

“「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手” の続きを読む

「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手

2020年の夏に行われた甲子園交流試合で、前年のセンバツの初戦と選手権の決勝に続く、三度目の星稜との対戦で勝ち越しとなる勝利を挙げた履正社高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、強肩強打の選手としてプレーでもチームを引っ張り、全国から注目を集めていた、関本勇輔選手である。

“「色んな人への感謝の気持ちを持つことが、一人の人間として大事」/ 履正社 関本勇輔選手” の続きを読む

「チームが日本一になるために、しんどいことをやろう」/ 日本航空石川 菊池直哉選手

2020年の夏に行われた石川県の代替大会で、県内39連勝中であった優勝候補の星稜を敗り、優勝を成し遂げた日本航空石川

当時、主務というポジションからチームを支えたり引っ張る役割を担い、優勝に大きく貢献したのは、菊池直哉選手である。

“「チームが日本一になるために、しんどいことをやろう」/ 日本航空石川 菊池直哉選手” の続きを読む

「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手

2020年の夏にセンバツの代替として行われた交流試合で、5年ぶりに甲子園に土を踏み、名門復活をアピールした県立岐阜商業高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、甲子園での1本を含む高校通算41本塁打を記録し、強打者として注目を集めていた、佐々木泰選手である。

“「甲子園は目指す場所じゃない」/ 県岐阜商 佐々木泰選手” の続きを読む

「落ち込んでいても何も変わらない」/ 中京大中京 高橋宏斗選手

2019年の秋の新チーム結成時から、2020年の夏の甲子園交流試合まで約1年間公式戦無敗を誇ったた、愛知県の中京大中京高校。

当時、チームのエースを担っていたのは、最速154キロのストレートに、切れ味鋭い変化球のコンビネーションで世代最強右腕と称されていた、高橋宏斗選手である。

“「落ち込んでいても何も変わらない」/ 中京大中京 高橋宏斗選手” の続きを読む

「勝てるチームじゃなく、負けないチームをつくる」/ 東海大相模 山村崇嘉選手

2020年の夏に行われた、選手権予選の代替大会を制し、前年の春季県大会からの4季連続優勝に加え、連勝記録を29に伸ばした、東海大相模高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算49本塁打のスラッガーとして中軸を担い、全国から注目を集めていた、山村崇嘉選手である。

“「勝てるチームじゃなく、負けないチームをつくる」/ 東海大相模 山村崇嘉選手” の続きを読む

「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手

2020年の夏に行われた史上初の甲子園高校野球交流試合の開幕戦に登場し、勝利を挙げた埼玉県の花咲徳栄高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、高校通算50発のスラッガーとして注目を集め、甲子園で選手宣誓の大役も担った井上朋也選手である。

“「甲子園は自分たちを成長させてくれる場所」/ 花咲徳栄 井上朋也選手” の続きを読む

「消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないこと」/ 習志野 角田勇斗選手

2019年のセンバツで、チームとしては初の、県勢としては最高成績に並ぶ準優勝を成し遂げ、続く夏と秋の県大会も制した、千葉県の習志野高校。

当時、2年生ながら攻守の中心選手として活躍し、秋の新チームからは主将を担い、チームをプレーでも背中でも引っ張っていたのは、角田勇斗選手である。

“「消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないこと」/ 習志野 角田勇斗選手” の続きを読む

「甲子園は目標だったが、そのためだけに野球をしてきたわけじゃない」/ 聖光学院 内山連希選手

2020年の夏の代替大会を制し、見事夏の県大会14連覇を達成し、続く東北大会でも優勝を成し遂げた、福島県の聖光学院高校。

当時、主将を務めていたのは、東北大会準決勝のサヨナラ安打を筆頭に勝負強い打撃でもチームを引っ張っていた、内山連希選手である。

“「甲子園は目標だったが、そのためだけに野球をしてきたわけじゃない」/ 聖光学院 内山連希選手” の続きを読む