「沖縄の夢、島人の悲願を、興南高校、春夏連覇の偉業で叶えました!!」

2010年 第92回全国高等学校野球選手権大会 決勝戦 興南 (沖縄県代表) × 東海大相模 (神奈川県代表)

「準備して結果を出すことの積み重ねが自分の力になっていく」/ PL学園 宮本慎也選手

1987年の甲子園で、投打にわたる圧倒的な強さを見せ、史上4校目となる春夏連覇を達成した大阪府のPL学園高校。 当時、チームで唯一2年生ながら夏の甲子園決勝にスタメンで出場していたのは、高い守備力で注目を集めていた、宮本 … “「準備して結果を出すことの積み重ねが自分の力になっていく」/ PL学園 宮本慎也選手” の続きを読む

「叱られ続け褒められた事がなかった少年たちが全国の頂点を究める球児にまで成長を遂げました」

2014年 第96回全国高等学校野球選手権大会 決勝戦 大阪桐蔭 (大阪府代表) × 三重 (三重県代表)

「心を鍛えないと、体を鍛えても意味がありません」/ 興南 我喜屋優監督

史上6校目の春夏連覇を成し遂げた沖縄県の興南高校は、技術の高さを武器に果たした過去の5校とは異なり、人間力の高さで栄光を掴んだのであった。

「歴史を重ねて80回、母なる大地甲子園が生んだ、史上最強にして最高のチーム!横浜高校!春夏連続優勝!!」

1998年  第80回全国高等学校野球選手権記念大会  決勝戦 横浜(東神奈川代表) × 京都成章(京都府代表)

「投手が追い求めるべきは、球速よりも制球力」/ 作新学院 八木沢荘六選手

1962年の甲子園で、史上初となる春夏連覇を成し遂げた栃木県の作新学院高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、センバツ大会で全5試合に登板し、自責点2の活躍で、優勝に貢献した、八木沢荘六選手である。

「人と違うことをすることで自信がつく」/ 箕島 石井毅選手

1979年の甲子園で、史上初にして最後となる公立高校の春夏連覇を成し遂げた、和歌山県の箕島高校。 当時、チームのエースを務めていたのは、甲子園通算14勝を挙げるなどの成績を残した、石井毅選手である。

「優しさも必要だが、強さも同じくらいなければならない」/ 箕島 尾藤公監督

公立高校が大多数を占めていた時代とはいえ、春夏連覇の偉業を成し遂げたのは、尾藤公監督率いる箕島高校が、現時点では、最初にして最後である。 選手たちの緊張をほぐすために、試合中に見せる「尾藤スマイル」は、その後、名将として … “「優しさも必要だが、強さも同じくらいなければならない」/ 箕島 尾藤公監督” の続きを読む