「誰もができることを全力でやろう」/ 報徳学園 大角健二監督

誰でもできるようなことや当たり前と言われるようなことは、簡単にできるため、無意識に手を抜いたり片手間で済ませてしまうことが多い。

しかし、そうした浅はかな考えで簡単なものを疎かにすると、大事な時に隙となり、ピンチや失敗を招くこととなり、大きなマイナス要因になる。

一方で、一見地道で面倒と感じるような簡単なことに対しても、全力で取り組むことができれば、確実に成長できたり、未来の自分を支える自信にもなる。

そんな考えを持ち、誰もができる当たり前のことを、時間をかけて丁寧にかつ真剣に取り組ませているのは、報徳学園を指揮する大角健二監督である。

報徳学園は、全国制覇の実績もある強豪校ではあるが、グラウンドの使える時間や場所に制約があるなど、練習環境は決して恵まれているとはいえない。

だからこそ、大角監督は練習前の準備をスピーディーにこなすことやアップをキチンとすることと、移動を全力疾走ですることなど、簡単なことを徹底させて練習量を確保している。

過去の実績や名門という肩書きにとらわれることなく、基礎基本を大切にする大角監督が、報徳学園の新たな伝統を作る挑戦はこれからも続く。

↓大角健二監督の記事はこちら↓

↓小園海斗選手の記事はこちら↓

報徳学園の記事はこちら。

【関連】明石商業の記事はこちら。

【関連】東洋大姫路の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です