「勝負所は思い切ってリスク覚悟でいくべき」/ 県岐阜商 藤田明宏監督

自身の母校でもある、高校野球界屈指の名門、県立岐阜商業を指揮していた藤田明宏監督

就任から短期間で、低迷しつつあったチームを立て直しに成功したことから、名将との呼び声も高い。

そんな藤田監督の指導は、選手たちの気づかせ役に徹するスタイルである。

公立高校ではあるものの強豪故に、中学時代に実績を残している選手が、毎年入学してくる県岐阜商。

そのため、必要以上に言葉をかけてることはせず、持っている力を引き出すことを心がけていたのだ。

もちろん、成長途中の高校生は、弱さや甘さから楽な方に逃げてしまうこともあるため、道を間違いそうになった時には厳しい声かけも行っていた。

また、独特のプレッシャーのある公式戦では、緊張感を解させるために、采配や指示も工夫していた。

中でも勝負所では、後悔を残さないように、自らが責任を取ることを伝え、リスクを覚悟し大胆に攻める姿勢を持たせていた。

選手主体の方針を掲げながらも、責任を背負ったりカバーリングをして、挑戦する心を育て続けた藤田監督の指導が、名門を復活へと導いたのだろう。

↓藤田明宏監督の記事はこちら↓

県岐阜商の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です