「高校野球では、やり方や頑張り方、取り組む姿勢がプレーに表れます」/ 作新学院 小針崇宏監督

高校野球では、日々の練習で高めた技術以上に、人間力が試合でのプレーに影響するため、野球だけに取り組んでいては、成果は出ないことが多い。

“「高校野球では、やり方や頑張り方、取り組む姿勢がプレーに表れます」/ 作新学院 小針崇宏監督” の続きを読む

「集中力を欠くプレーこそ最大のエラー」/ 作新学院 小針崇宏監督

2010年代の夏の栃木県大会で、9度の優勝を成し遂げるという、驚異的な成績を残した作新学院の強さは、小針崇宏監督の「準備」と「覚悟」を重視した指導にあった。

“「集中力を欠くプレーこそ最大のエラー」/ 作新学院 小針崇宏監督” の続きを読む

「投手が追い求めるべきは、球速よりも制球力」/ 作新学院 八木沢荘六選手

1962年の甲子園で、史上初となる春夏連覇を成し遂げた栃木県の作新学院高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、センバツ大会で全5試合に登板し、自責点2の活躍で、優勝に貢献した、八木沢荘六選手である。

“「投手が追い求めるべきは、球速よりも制球力」/ 作新学院 八木沢荘六選手” の続きを読む

「完全試合はチームの記録」/ 作新学院 江川卓選手

1973年の甲子園に、春夏連続で出場を果たし、その後行われた国体では準優勝を成し遂げた、栃木県の作新学院

当時、チームのエースを務めいていたのは、数々の驚異的な記録を残し、歴代最高投手の呼び声高い、江川卓選手である。

“「完全試合はチームの記録」/ 作新学院 江川卓選手” の続きを読む

「勝ち負けより、まず目標をどこに設定するのかが一番大事」/ 作新学院 小針崇宏監督

史上初の春夏連覇を成し遂げた名門、作新学院を23歳の若さで指揮を執ることとなったのが、OBの小針崇宏監督である。

小針監督は、周囲からのプレッシャーや期待のある中、約30年間夏の甲子園から遠ざかっていたチームを、就任3年目で導くと、10年目の夏には全国制覇を成し遂げるなど、結果を残し続けている。

“「勝ち負けより、まず目標をどこに設定するのかが一番大事」/ 作新学院 小針崇宏監督” の続きを読む

「大事なのは、三振に頼らず、どれだけ野手を信じられるか」/ 作新学院 今井達也選手

2016年の夏の甲子園で、54年ぶり2度目となる全国制覇を成し遂げた栃木県の作新学院高校。

当時チームのエースを務めていたのは、最速152キロのストレートと、脅威のスタミナを誇っていた、今井達也選手である。

“「大事なのは、三振に頼らず、どれだけ野手を信じられるか」/ 作新学院 今井達也選手” の続きを読む

「全ての人格を表すのが野球だ」/ 作新学院 小針崇宏監督

1962年に高校野球史上初春夏連覇を達成すると、以降も輝かしい成績を残し続けている、栃木県の作新学院高校。

そんな名門を、2006年の秋から指揮しているのは、選手時代に主将としてチームを甲子園に導いた経験を持つ、OBの小針崇宏監督である。

“「全ての人格を表すのが野球だ」/ 作新学院 小針崇宏監督” の続きを読む

「敵は自分たちだと思い、自分たちの野球をやりたい」/ 作新学院 添田真聖選手

2017年の夏の、前年の全国覇者としての重圧を跳ね除け、栃木県大会を制して甲子園出場を果たした作新学院

当時、チームの主将として甲子園出場に大きく貢献したのは、前年の夏にもベンチ入りメンバーとして夏の優勝を経験していた、添田真聖選手である。

“「敵は自分たちだと思い、自分たちの野球をやりたい」/ 作新学院 添田真聖選手” の続きを読む

「いいものはいい、ダメなものはダメ」/ 作新学院 小針崇宏監督

史上初めて甲子園で春夏連覇を成し遂げた栃木の名門、作新学院高校。

昭和30〜40年代にかけて、甲子園で躍進を続けていたものの、昭和の終わりから平成初期は甲子園でも勝てず、出場すら厳しい状態となっていた。

そんな、低迷期に監督として就任し、31年ぶりに夏の甲子園へチームを導いたのが、若き名将、小針崇宏監督である。

続きを読む