「野球はひとりではできない」/ 報徳学園 金村義明選手

1981年の甲子園に春夏連続出場し、夏の選手権では全国制覇を果たした、地元の名門、報徳学園高校。

当時、チームのエースと4番を務め、投打に渡る活躍で優勝に貢献したのが、金村義明選手である。

“「野球はひとりではできない」/ 報徳学園 金村義明選手” の続きを読む

「最善の準備をしてあげるところまでが指導者の仕事」/ 報徳学園 永田裕治監督

地元兵庫の名門、報徳学園を指揮して春夏合わせて20の勝ち星を甲子園で挙げた永田裕治監督の指導哲学には、「全員野球」という信念があった。

高校野球では、強豪校とも称されるチームは、能力の高い選手のみを選抜し、選りすぐりのメンバーでチーム作りを行うことが多い。

“「最善の準備をしてあげるところまでが指導者の仕事」/ 報徳学園 永田裕治監督” の続きを読む

「地元の兵庫の学校が初戦で負けるわけにはいかない」/ 報徳学園 小園海斗選手

2018年の夏の甲子園で、下馬評を覆し8強進出を果たした兵庫県の報徳学園高校。

当時のチームを走攻守で引っ張っていたのは、2年時から高校日本代表に選ばれるなどの実績を持ち、世代ナンバー1遊撃手とも称されていた、小園海斗選手である。

“「地元の兵庫の学校が初戦で負けるわけにはいかない」/ 報徳学園 小園海斗選手” の続きを読む

「野球の楽しささえ忘れずに持ち続けることができれば、つらさは必ずや乗り越えていける」/ 報徳学園 永田裕治監督

高校野球の聖地甲子園から、約6km離れた場所に位置し、春・夏、全国制覇の経験のある強豪、報徳学園高校。

そんなチームを1994年から指揮し、春夏合わせて18度甲子園に導き、2002年のセンバツでの優勝を筆頭に、23勝を挙げた実績を持つのが、永田裕治監督である。

“「野球の楽しささえ忘れずに持ち続けることができれば、つらさは必ずや乗り越えていける」/ 報徳学園 永田裕治監督” の続きを読む

「高校野球って、一番信じられるのは仲間」/ 報徳学園 近田怜王選手

2008年の選手権で、東兵庫の代表として、甲子園の連敗を5でストップさせ、8強まで進出した報徳学園

当時、エースとしてチームを支え、甲子園でもベスト8進出に大きく貢献したのが、近田玲王選手である。

“「高校野球って、一番信じられるのは仲間」/ 報徳学園 近田怜王選手” の続きを読む

「全員でやるからこそ、チームは本当の意味でひとつになれる」/ 報徳学園 永田裕治監督

高校野球の聖地である甲子園球場から6km離れた場所に位置する報徳学園高校。

春夏合わせて3度の甲子園制覇に60を超える勝ち星を記録している、全国レベルの強豪である。

逆転の報徳」の名で多くの高校野球ファンから親しまれている名門を1994年から指揮し、春夏合わせて18度甲子園に導いたのが、永田裕治監督である。

続きを読む

「チームの特色を踏まえてチームを作っていく」/ 報徳学園 永田裕治監督

高校野球の聖地、甲子園から6km離れた場所に位置する名門報徳学園

逆転の報徳」でファンからは親しまれていて、春・夏共に全国制覇の経験もあり甲子園常連校として、強豪と認識されている。

そんな報徳学園を1994年から指揮し、春夏合わせて18度甲子園に導いたのは永田裕治監督である。

続きを読む