「考えた結果、前向きにアウトになるのはいい」/ 常葉大菊川 高橋利和監督

高校野球もスポーツの一種であることから、当然従わなければならないルールがあり、その範囲内でプレーしなければ、ペナルティを課せられたり、認められないのは当然である。

“「考えた結果、前向きにアウトになるのはいい」/ 常葉大菊川 高橋利和監督” の続きを読む

「セカンドに打ってしまえば望みはありません」

2008年

第90回全国高等学校野球選手権記念大会

決勝戦

大阪桐蔭 (北大阪代表) × 常葉菊川 (静岡県代表)
“「セカンドに打ってしまえば望みはありません」” の続きを読む

「試合で少しずつ上手くいくうちに段々選手たちにも自信が生まれてくる」/ 常葉大菊川 高橋利和監督

かつてセンバツを制した際に見せた、森下知幸監督が作り上げた、強打を軸としたダイナミックな野球を継承しながら、高橋利和監督は、常葉大菊川に新たな伝統、のびのび野球を追加した。

高橋監督は、甲子園での実績を残している名将、森下監督の指導スタイルを継承し、名門の維持と発展を目指していった。

“「試合で少しずつ上手くいくうちに段々選手たちにも自信が生まれてくる」/ 常葉大菊川 高橋利和監督” の続きを読む

「マイナスの雰囲気を出して悩んでやるより、無我夢中になって楽しくやったほうが絶対にいい」/ 常葉大菊川 奈良間大己選手

2018年の夏の甲子園で、「ノーサイン野球」を武器に16強まで勝ち進んだ、静岡県の常葉大菊川高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、静岡県大会で8割超える驚異的な打率を残し、甲子園でも攻守にわたる活躍を見せていた、奈良間大己選手である。

“「マイナスの雰囲気を出して悩んでやるより、無我夢中になって楽しくやったほうが絶対にいい」/ 常葉大菊川 奈良間大己選手” の続きを読む

「自分から前に出ていく選手は絶対にうまくなります」/ 常葉大菊川 高橋利和監督

2007年のセンバツ大会と神宮大会を制した実績を持ち、その後も甲子園常連校として活躍を続けている、静岡県の常葉大菊川

そんなチームを2016年秋から指揮しているのは、選手時代に常葉菊川の主将兼エースとして甲子園へ導いた実績を持つ、高橋利和監督である。

“「自分から前に出ていく選手は絶対にうまくなります」/ 常葉大菊川 高橋利和監督” の続きを読む

「今できる準備をしっかりやることが大事」/ 常葉菊川 町田友潤選手

2008年の夏の甲子園で、フルスイング野球を軸に5試合で35得点を挙げて、準優勝を成し遂げた、静岡県の常葉菊川

当時、2番セカンドとして、攻守にわたる活躍を見せ、チームを支えていたのが、町田友潤選手である。

“「今できる準備をしっかりやることが大事」/ 常葉菊川 町田友潤選手” の続きを読む

「好きになってくれないと絶対上手になりませんからね」/ 常葉菊川 森下知幸監督

2007年のセンバツ大会で、優勝候補を次々と下し勢いそのままに、頂点に立った常葉菊川(現常葉大菊川)。

続く夏は甲子園四強、翌年の夏は甲子園準優勝を成し遂げるなど、初優勝時まで、甲子園で1度も勝てなかったチームは、一気に全国レベルの強豪校となった。

そんなチームを作り上げたのが、選手時代は浜松商業の主将として、センバツ大会を制した実績や、社会人野球でプレーしていた経験もある、森下知幸監督である。

続きを読む

「やれることを全部やってもらいたい」/ 常葉大菊川 高橋利和監督

今や東海地方だけでなく、全国から強豪校として注目を集める存在となっている静岡の常葉大菊川高校。

2007年のセンバツ大会で大阪桐蔭などの優勝候補を次々と下し勢いそのままに、全国制覇を成し遂げた。

続く夏は甲子園四強、翌年夏は甲子園準優勝を成し遂げるなど、初優勝時まで、甲子園で1度も勝てなかったが、一気に全国レベルの強豪校となった。

そんなチームを指揮しているのは、選手として甲子園経験もある高橋利和監督である。

続きを読む