「自分の野球観は経験でしかない、指導するなんておこがましい」/ 早稲田実 和泉実監督

高校野球では、伝統校や強豪校を指揮する際、ファンからの期待やOBからの声があり、結果を急ぎ監督主体のチームになってしまうことが多い。

“「自分の野球観は経験でしかない、指導するなんておこがましい」/ 早稲田実 和泉実監督” の続きを読む

「今年、甲子園のエース!紛れもない、君だ!斎藤佑樹!!」

2006年

第88回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

早稲田実 (西東京代表) × 駒大苫小牧 (南北海道代表)
“「今年、甲子園のエース!紛れもない、君だ!斎藤佑樹!!」” の続きを読む

「いついかなるピンチでも平常の落ち着いた気持ちを持つ」/ 早稲田実業 王貞治選手

1957年のセンバツ大会で、初となる紫紺の大旗の箱根越えの快挙を成し遂げた、東京都の早稲田実業

当時、2年生ながらチームのエースを務めていたのは、初戦から準決勝までの3試合を完封するなどの活躍を見せていた、王貞治選手である。

“「いついかなるピンチでも平常の落ち着いた気持ちを持つ」/ 早稲田実業 王貞治選手” の続きを読む

「高校野球って、精神的なものが試合に出る」/ 早稲田実 荒木大輔選手

1980年の夏の甲子園で、当時のチーム最高成績に並ぶ、準優勝を成し遂げた都の名門、早稲田実業

当時、1年生ながらチームの中心投手を務めていたのは、4完封、44回1/3連続無失点を記録するなどの活躍を見せていた、荒木大輔選手である。

“「高校野球って、精神的なものが試合に出る」/ 早稲田実 荒木大輔選手” の続きを読む

「選手は一人ひとり違い、僕ではないということです」/ 早稲田実業 和泉実監督

早稲田実業の歴史を塗り替える、夏の甲子園優勝へと導いた和泉実監督のが目指しているのは、「監督のいらない野球」という、独特なものであった。

数々のスター選手を輩出し、伝統と実績を持つ名門では、周囲やOBからの期待やプレッシャーで、結果を急ぐあまりに、無理矢理締めつけるような、一方通行の指導になるケースが多い。

“「選手は一人ひとり違い、僕ではないということです」/ 早稲田実業 和泉実監督” の続きを読む

「野球の神様に愛されるように全力で戦う」/ 早稲田実 清宮幸太郎選手

2016年の神宮大会準優勝を成し遂げ、翌年のセンバツでは16強進出を果たした、早稲田実業

当時チームの主将を務めていたのは、高校通算111本塁打を放ち、新記録を樹立するなどの実績を残し、大会再注目スラッガーでもあった、清宮幸太郎選手である。

“「野球の神様に愛されるように全力で戦う」/ 早稲田実 清宮幸太郎選手” の続きを読む

「最悪な時にどう手立てを準備するかが僕の仕事」/ 早稲田実業 和泉実監督

甲子園で春夏合わせて60を超える勝ち星を挙げ、2度の優勝経験も持つ都の名門、早稲田実業

そんな伝統校を1992年秋から指揮しているのは、選手時代に春夏甲子園出場を経験しているOBの和泉実監督である。

“「最悪な時にどう手立てを準備するかが僕の仕事」/ 早稲田実業 和泉実監督” の続きを読む

「目標がぶれないことが大事だと思います」/ 早稲田実 斎藤佑樹選手

2006年の夏の甲子園で、駒大苫小牧との決勝戦引き分け再試合を制した早稲田実業

そんな「都の名門」を選手権初優勝へと導いたのが、1大会で史上最多となる69イニング、948球を投げ抜いたエースの斎藤佑樹選手である。

“「目標がぶれないことが大事だと思います」/ 早稲田実 斎藤佑樹選手” の続きを読む