「無駄に思えることも必要だったんだと後から分かる時もあります」/ 智弁和歌山 中谷仁監督

平成最強と称されている大阪桐蔭と並んで、平成の時代に甲子園で春夏合わせて63の勝ち星を挙げている智弁和歌山

甲子園では、昭和63年の初出場後は5大会続けて初戦敗退というスタートであったが、6度目の挑戦で初勝利を挙げると、平成6年のセンバツで初優勝を果たし、9年、12年には選手権全国制覇を成し遂げている。

そんな名門、智弁和歌山を全国レベルの強豪に育て上げ、甲子園最多勝利監督の記録を残した高嶋仁監督からバトンを引き継ぎ、平成30年の秋からチームを指揮しているのが、中谷仁監督である。

続きを読む

「監督のしぶとさが選手に乗り移ってくれた」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

春夏合わせて3度の全国制覇を誇る、名門・智弁和歌山高校。

智弁和歌山の野球部の歴史は、高嶋仁監督の歴史でもある。

続きを読む

「自分で考えて行動すること、努力することを教えないといけない」/ 智弁和歌山 中谷仁監督

春夏3度の全国制覇を誇る、名門智弁和歌山。平成の30年間に甲子園で挙げた勝ち星は、大阪桐蔭と並んで1位である。

そんな智弁和歌山を指揮していた歴代甲子園最多勝利監督の高嶋仁監督からバトンを引き継いだのは中谷仁監督である。

続きを読む

「決勝で負けるんやったら、1回戦で負けた方がましや」/ 智弁和歌山 高嶋仁 監督

春夏3度の全国制覇を誇る名門智弁和歌山

そんな智弁和歌山の甲子園の歴史は、高嶋仁監督の歴史でもある。

高嶋仁監督の記事はこちら。

高嶋監督は甲子園で68勝という驚異的な記録を残している。(2019年3月時点歴代最多勝利監督である)

続きを読む