「怪我をしても、何もできないわけじゃない」/ 智弁和歌山 西川遥輝選手

2010年のセンバツ大会で、名将、高嶋仁監督に監督勝利数単独トップとなる59勝目をもたらした、智弁和歌山高校。

当時、チームの主軸を務めていたのは、走攻守三拍子揃ったプレースタイルで、全国から注目を集めていた、西川遥輝選手である。

“「怪我をしても、何もできないわけじゃない」/ 智弁和歌山 西川遥輝選手” の続きを読む

「選手を怒る前に、自分の選手時代を振り返ってみてください」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

甲子園で最も勝利を挙げた、智弁和歌山高嶋仁監督には、誰にも負けない「勝利への執念」があったからだろう。

圧倒的不利な状況でも、終わってみれば智弁和歌山の大逆転で幕を閉じていた、という試合がいくつも存在し、甲子園ではちょっとした名物にもなっている。

“「選手を怒る前に、自分の選手時代を振り返ってみてください」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督” の続きを読む

「順境におごらず、逆境に腐らず」/ 智弁和歌山 古宮克人選手

2006年の夏の甲子園で、優勝候補の筆頭として出場し、準々決勝では壮絶な打撃戦を制して4強まで勝ち進んだ智弁和歌山高校。

当時、チームの主将を務めていたのは、俊足好打の1番打者として活躍を見せていた、古宮克人選手である。

“「順境におごらず、逆境に腐らず」/ 智弁和歌山 古宮克人選手” の続きを読む

「本塁打を打っても勝たなければ意味がない」/ 智弁和歌山 坂口真規選手

2008年の甲子園に春夏連続出場を果たし、センバツ選手権共に8強まで勝ち進んだ智弁和歌山高校。

当時チームの4番を務めていたのは、高校通算27本塁打を記録し、3度出場した甲子園で3本塁打を放った坂口真規選手である。

“「本塁打を打っても勝たなければ意味がない」/ 智弁和歌山 坂口真規選手” の続きを読む

「怖いんやったら準備したらいい、その準備が自信になる」/ 智弁和歌山 中谷仁監督

平成の甲子園で、全国1位タイとなる63の勝ち星を挙げ、春夏合わせて3度の全国制覇も記録している、智弁和歌山高校。

そんなチームを2018年秋から指揮しているのは、主将として97年の夏の甲子園で全国制覇へと導いた実績や、プロ野球で活躍した経験も持つ、中谷仁監督である。

“「怖いんやったら準備したらいい、その準備が自信になる」/ 智弁和歌山 中谷仁監督” の続きを読む

「野球に対する姿勢を、神様は一番見ていると感じた」/ 智弁和歌山 黒川史陽選手

2019年の夏の選手権の3回戦で、甲子園のタイブレーク史上、1、2を争う激闘を演じ、延長14回で惜しくも敗れた、智弁和歌山

そんな智弁和歌山の主将を務めていたのが、5季連続出場の甲子園で、「ノーエラー」という驚異的な守備力の高さでチームを支えていた、黒川史陽選手である。

“「野球に対する姿勢を、神様は一番見ていると感じた」/ 智弁和歌山 黒川史陽選手” の続きを読む

「練習が人生の糧になる」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

平成の時代に甲子園で春夏3度の全国制覇63の勝ち星を記録している、智弁和歌山高校。

そんな智弁和歌山を全国レベルの強豪校へと育て上げたのが、甲子園最多勝利監督としての記録を保持している高嶋仁監督である。

“「練習が人生の糧になる」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督” の続きを読む

「無駄に思えることも必要だったんだと後から分かる時もあります」/ 智弁和歌山 中谷仁監督

平成最強と称されている大阪桐蔭と並んで、平成の時代に甲子園で春夏合わせて63の勝ち星を挙げている智弁和歌山

甲子園では、昭和63年の初出場後は5大会続けて初戦敗退というスタートであったが、6度目の挑戦で初勝利を挙げると、平成6年のセンバツで初優勝を果たし、9年、12年には選手権全国制覇を成し遂げている。

そんな名門、智弁和歌山を全国レベルの強豪に育て上げ、甲子園最多勝利監督の記録を残した高嶋仁監督からバトンを引き継ぎ、平成30年の秋からチームを指揮しているのが、中谷仁監督である。

続きを読む

「監督のしぶとさが選手に乗り移ってくれた」/ 智弁和歌山 高嶋仁監督

春夏合わせて3度の全国制覇を誇る、名門・智弁和歌山高校。

智弁和歌山の野球部の歴史は、高嶋仁監督の歴史でもある。

続きを読む