「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手

2004年の夏の甲子園で、優勝候補として徹底マークされる中、前評判通りの活躍を見せ、8強進出を果たした、横浜高校

当時、チームのエースを務めていたのは、最速148キロの速球を武器に、3試合連続2桁奪三振を記録していた、涌井秀章選手である。

“「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手” の続きを読む

「ライバルとは自分に討ち勝つこと」/ 横浜 渡辺元智監督

横浜高校を全国屈指の強豪校へと育て上げた渡辺元智監督は、選手を育てることだけでなく、自分自身を成長させることにも取り組んでいた。

“「ライバルとは自分に討ち勝つこと」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む

「歴史を重ねて80回、母なる大地甲子園が生んだ、史上最強にして最高のチーム!横浜高校!春夏連続優勝!!」

1998年 

第80回全国高等学校野球選手権記念大会 

決勝戦

横浜(東神奈川代表) × 京都成章(京都府代表)
“「歴史を重ねて80回、母なる大地甲子園が生んだ、史上最強にして最高のチーム!横浜高校!春夏連続優勝!!」” の続きを読む

「甲子園は勝つ空気と流れを待っていたら絶対に勝てない場所」/ 横浜 愛甲猛選手

1980年の夏の甲子園で、チーム史上初となる、全国制覇を成し遂げた、神奈川県の横浜高校

当時、チームのエースを務めていたのは、1年時から主力投手として甲子園を経験していた、愛甲猛選手である。

“「甲子園は勝つ空気と流れを待っていたら絶対に勝てない場所」/ 横浜 愛甲猛選手” の続きを読む

「選手の優れた部分を最大限に引き出して、そこからどうやってチームにまとめ上げていくか」/ 横浜 平田徹監督

春夏合わせて5度の甲子園優勝へと導くなど、数々の記録を残し、スター選手も育て上げた、名将、渡辺元智監督の後を継いだ、平田徹監督

周囲からの期待とプレッシャーがかかる中での就任となったが、監督期間の4年間では、全てのチームを甲子園へ導き、夏の県大会では3連覇を成し遂げるなど、結果を出し続けていた。

“「選手の優れた部分を最大限に引き出して、そこからどうやってチームにまとめ上げていくか」/ 横浜 平田徹監督” の続きを読む

「苦しい戦いを勝ってこそ連覇が見えてくる」/ 横浜 松坂大輔選手

1997年の新チーム結成後、神宮大会センバツ選手権国体と、史上初の4冠を成し遂げ、公式戦1年間負けなしという記録を作った、横浜高校

当時、チームのエースを務めていたのは、夏の甲子園の決勝戦でノーヒットノーランを達成するなどの活躍を見せていた、松坂大輔選手である。

“「苦しい戦いを勝ってこそ連覇が見えてくる」/ 横浜 松坂大輔選手” の続きを読む

「『頑張りすぎない』時間も大切だと思います」/ 横浜 及川雅貴選手

2018年の夏、神奈川大会3連覇を成し遂げ出場した甲子園では、ベスト16進出を果たした、横浜高校

当時、2年生ながら最速152キロを誇り、地方大会では胴上げ投手となったのが、及川雅貴選手である。

“「『頑張りすぎない』時間も大切だと思います」/ 横浜 及川雅貴選手” の続きを読む

「自分がイメージしてることを体で体現するということが大事」/ 横浜 増田珠選手

2017年の夏、激戦の神奈川を前年に続く大会最多本塁打を放つなどの圧倒的強さで連覇し、甲子園出場を果たした横浜高校

当時、チームの主軸を務めていたのは、広角に打ち分けるバッティングが持ち味で、高校通算33本塁打を放った増田珠選手である。

“「自分がイメージしてることを体で体現するということが大事」/ 横浜 増田珠選手” の続きを読む

「『この子をよくしよう』という情熱を持って指導すれば、必ず成長してくれます」/ 横浜 渡辺元智監督

春夏合わせて5度の全国制覇へ導き、51の勝ち星を甲子園で挙げた横浜高校渡辺元智前監督

数々の実績とともに、多くのスター選手を育て上げた名将の指導スタイルは、試行錯誤の連続であった。

“「『この子をよくしよう』という情熱を持って指導すれば、必ず成長してくれます」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む