「高校野球は大人がどうにかするもんじゃない」/ 常総学院 木内幸男監督

“「高校野球は大人がどうにかするもんじゃない」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「プレー以外の部分がしっかりすることで、プレーの成長につながる」/ 常総学院 島田直也監督

“「プレー以外の部分がしっかりすることで、プレーの成長につながる」/ 常総学院 島田直也監督” の続きを読む

「甲子園は『行きたい』ではなく『行くんだ』と思え」/ 常総学院 木内幸男監督

“「甲子園は『行きたい』ではなく『行くんだ』と思え」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「相手に勝つ前に自分に勝たないと野球はできない」/ 常総学院 木内幸男監督

“「相手に勝つ前に自分に勝たないと野球はできない」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「常識とは、常にその状況に合った答えを出すこと」/ 常総学院 木内幸男監督

どんな分野や世界にも常識というものが存在しており、それを理解や把握をしておくことは、結果を出す上では必要なことである。

“「常識とは、常にその状況に合った答えを出すこと」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「『ほかの選手が怒られてるな』と見ているうちは駄目」/ 常総学院 木内幸男監督

鋭い観察眼で選手の特性や試合の流れをを見抜き、ドンピシャな采配や選手起用を行う「木内マジック」で、甲子園を3度制した名将、木内幸男監督

“「『ほかの選手が怒られてるな』と見ているうちは駄目」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「試合の中だからこそ見えるものがあります」/ 常総学院 佐々木力監督

高校野球界では、偉大な監督の後継者という立場は、周囲やOBから批判されることもあり、本業以外のプレッシャーとも戦わなければならない。

茨城県の名門、常総学院佐々木力監督もまた、自身の恩師でもあり、世間的には名将と称されている、木内幸男監督の後を継ぐことで、世間からの比較をされながら、指揮を執っている。

“「試合の中だからこそ見えるものがあります」/ 常総学院 佐々木力監督” の続きを読む

「結果も当然大切ですが、自分の目指しているところを明確に持つことが大事」/ 常総学院 仁志敏久選手

1987年の甲子園に、春夏連続で初出場を果たし、夏の選手権では、準優勝を成し遂げた、茨城県の常総学院

当時、1年生で唯一のレギュラーとして試合に出場していたのは、準々決勝でランニングホームランを放つなどの活躍を見せていた、仁志敏久選手である。

“「結果も当然大切ですが、自分の目指しているところを明確に持つことが大事」/ 常総学院 仁志敏久選手” の続きを読む