「『ほかの選手が怒られてるな』と見ているうちは駄目」/ 常総学院 木内幸男監督

鋭い観察眼で選手の特性や試合の流れをを見抜き、ドンピシャな采配や選手起用を行う「木内マジック」で、甲子園を3度制した名将、木内幸男監督

“「『ほかの選手が怒られてるな』と見ているうちは駄目」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「試合の中だからこそ見えるものがあります」/ 常総学院 佐々木力監督

高校野球界では、偉大な監督の後継者という立場は、周囲やOBから批判されることもあり、本業以外のプレッシャーとも戦わなければならない。

茨城県の名門、常総学院佐々木力監督もまた、自身の恩師でもあり、世間的には名将と称されている、木内幸男監督の後を継ぐことで、世間からの比較をされながら、指揮を執っている。

“「試合の中だからこそ見えるものがあります」/ 常総学院 佐々木力監督” の続きを読む

「結果も当然大切ですが、自分の目指しているところを明確に持つことが大事」/ 常総学院 仁志敏久選手

1987年の甲子園に、春夏連続で初出場を果たし、夏の選手権では、準優勝を成し遂げた、茨城県の常総学院

当時、1年生で唯一のレギュラーとして試合に出場していたのは、準々決勝でランニングホームランを放つなどの活躍を見せていた、仁志敏久選手である。

“「結果も当然大切ですが、自分の目指しているところを明確に持つことが大事」/ 常総学院 仁志敏久選手” の続きを読む

「何事も自分の居場所を見つけることが大事」/ 常総学院 木内幸男監督

長い高校野球の歴史で「教育の一環」というタテマエに縛られることなく指導をしてきたのは、おそらく、木内幸男監督が初めてだろう。

いずれも無名であった取手二高常総学院で指揮を執り、両校で全国制覇へ導き、春夏通算40の勝ち星を挙げた名将は、やはり独特の指導スタイルであった。

“「何事も自分の居場所を見つけることが大事」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「自分勝手じゃなく、やりたいようにやらせる」/ 常総学院 木内幸男監督

甲子園で春夏合わせ2度の優勝と2度の準優勝を記録する、茨城の名門、常総学院高校。

そんなチームを指揮していたのが、甲子園に春夏合わせて20度導き3度の優勝を記録し、勝ち星40を挙げるなどの成績を残している木内幸男監督である。

“「自分勝手じゃなく、やりたいようにやらせる」/ 常総学院 木内幸男監督” の続きを読む

「緊張していることを認めろ」/ 常総学院 木内幸男監督

茨城県勢の高校野球史を彩る取手二高常総学院

その両校で監督として全国制覇を経験し、甲子園通算40勝という成績を残したのが名将木内幸男監督である。

続きを読む

「勝って不幸になる人間はいないのよ。」/ 常総学院 木内幸男監督

甲子園で春夏合わせ2度の優勝と2度の準優勝を記録する、茨城の名門、常総学院高校。

平成の30年間で、甲子園で30を超える勝ち星を挙げている全国を代表する、高校野球の強豪校である。

そんなチームで指揮を執っていたのが木内幸男監督である。

続きを読む