「世の中に出て通用するようなことをグラウンドで学ぶのが高校野球」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

“「世の中に出て通用するようなことをグラウンドで学ぶのが高校野球」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「甲子園はうそのつけない場所」/ 明徳義塾 新地智也選手

2020年の夏に甲子園で行われた交流試合で、終盤に逆転を許すも、粘り強い反撃で最終回には見事逆転サヨナラで勝利を収めた明徳義塾高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、最速は130キロ代ながらも、持ち味の抜群の制球力を武器に全国でも躍進していた、新地智也選手である。

“「甲子園はうそのつけない場所」/ 明徳義塾 新地智也選手” の続きを読む

「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

努力というものに励んでも成果というものは保証されていないため、多くの人は、結果が出たことの要因を、幸運と認識してしまいがちである。

“「棚からのぼた餅を手に入れられるのは、幸運の持ち主ではなく、棚の一番近くで手を挙げ続ける努力をした者」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「実力は相手が上でも、どう転ぶか分からんのが、野球の面白さであり難しさ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

実力だけで勝敗が決まらない所に、野球の魅力があるという考えを持ち、四国の横綱、明徳義塾を指揮する馬淵史郎監督

“「実力は相手が上でも、どう転ぶか分からんのが、野球の面白さであり難しさ」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む

「松井選手に打たれるために、3年間野球をやっていたんじゃない」/ 明徳義塾 河野和洋選手

2年連続の出場となった1992年の夏の甲子園で、16強まで勝ち進んだ、高知県の明徳義塾高校。

当時、背番号8ながら、チームの中心投手を務めていたのは、初戦の星稜戦で松井選手に対して、「5打席連続敬遠」をしたことで注目を浴びた、河野和洋選手である。

“「松井選手に打たれるために、3年間野球をやっていたんじゃない」/ 明徳義塾 河野和洋選手” の続きを読む

「自分が求められていることを、しっかり理解すること」/ 明徳義塾 西浦颯大選手

7年連続の出場となった、2016年の夏の甲子園で、4強進出を果たした、高知県の明徳義塾高校。

当時、2年生ながらチームの中軸を担っていたのは、甲子園で満塁ホームランを放つなどの活躍を見せた、西浦颯大選手である。

“「自分が求められていることを、しっかり理解すること」/ 明徳義塾 西浦颯大選手” の続きを読む

「他の人間が日本一になれるのに、俺ができんことはない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督

公立高校が鎬を削る中で、私学の明徳義塾を「四国の横綱」と称されるまで育て上げた、馬淵史郎監督

数々の記録を作り、勝ち星を挙げている名将ではあるが、勝負にこだわりすぎる「勝利至上主義」の印象が強く、ファンや世間からは反感を買うことも多い。

“「他の人間が日本一になれるのに、俺ができんことはない」/ 明徳義塾 馬淵史郎監督” の続きを読む