「普段から周囲を見る癖をつけることで、試合でも相手の変化に気がつくことができる」/ 高松商業 香川卓摩選手

2018年の秋の四国大会を制し、翌年の甲子園には春夏連続で出場し、センバツでは16強入りを果たした、香川県の高松商業高校。

当時、チームのエースを務めていたのは、最速142キロのストレートと多彩な変化球を組み合わせた投球を武器にしていた、香川卓摩選手である。

“「普段から周囲を見る癖をつけることで、試合でも相手の変化に気がつくことができる」/ 高松商業 香川卓摩選手” の続きを読む

「やらされる練習は宿題の答えを丸写ししているのと同じ」/ 高松商 長尾健司監督

昨今、高校野球界で主流となりつつある、「選手たちの考えを尊重したスタイル」を導入し、名門、高松商業を復活へと導いた、長尾健司監督

“「やらされる練習は宿題の答えを丸写ししているのと同じ」/ 高松商 長尾健司監督” の続きを読む

「失敗してダメになった人より、成功してダメになった人の方が多い」/ 高松商業 長尾健司監督

2015年の神宮大会優勝に、翌年のセンバツ準優勝など、20年以上甲子園から遠ざかり低迷していた名門、高松商業を復活へ導いた、長尾健司監督

中学野球の指導者時代にも、平日の練習時間1時間という限られた環境で県大会優勝へ導くなど、選手たちの挑戦意欲能力引き出すスタイルで、チーム作りを行っている。

“「失敗してダメになった人より、成功してダメになった人の方が多い」/ 高松商業 長尾健司監督” の続きを読む

「ピンチに立った時、いかに我慢できるかが大事になる」/ 高松商業 米麦圭造選手

2015年の秋の神宮大会を制し、翌年のセンバツ大会でも準優勝を成し遂げ古豪復活を全国に知らしめた、香川県の高松商業高校。

そんなチームで主将を務めていたのは、3番遊撃手としてチームの快進撃を支えていた、米麦圭造選手である。

“「ピンチに立った時、いかに我慢できるかが大事になる」/ 高松商業 米麦圭造選手” の続きを読む

「失敗と書いて成長と読む」/ 高松商 長尾健司監督

記念すべき第1回センバツ大会の覇者で、甲子園では4度の全国制覇を記録し、出場回数は春夏合わせて40回を超える、香川県の名門、高松商業

そんな高松商業を2014年から指揮しているのは、中学野球の監督として全国制覇へ2度導いた実績を持つ長尾健司監督である。

“「失敗と書いて成長と読む」/ 高松商 長尾健司監督” の続きを読む

「相手を出し抜くには、自らの気づきと知恵が必要なんです」/ 高松商 長尾健司監督

「四国四商」の一角として、徳島商松山商高知商、と共に野球王国四国を牽引している伝統校、高松商業

記念すべき第1回センバツ大会の制覇も含め、春夏甲子園4度の優勝を経験し、甲子園出場回数は、春夏合わせて40回以上など、数々の記録を残している。

そんな伝統校も平成8年を最後に20年間甲子園から遠ざかっていた。

しかし、2015年の神宮大会を制し、2016年のセンバツに出場を果たすと準優勝を成し遂げ復活を果たした。

そんな名門の復活の立役者となったのが、現在チームを指揮する長尾健司監督である。

続きを読む

「コツコツネバネバ大作戦だ」/ 高松商 長尾健司監督

四国を代表する伝統校、香川県の高松商業

記念すべき第1回センバツ大会の覇者でもあり、甲子園の出場回数は、春夏合わせて40回以上を誇り、春夏甲子園で4度の優勝経験のある強豪校だ。

近年は、甲子園から約20年遠ざかっていたが、2015年に、秋の神宮大会を制して勢いにのり、翌年のセンバツでも準優勝と復活を見せた。

そんなチームを指揮するのは、長尾健司監督

続きを読む